1. Top » 
  2. Java

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

【Java】オブジェクトのスコープとリクエストの属性の話

サーブレットを組み合わせたりすると、そのオブジェクトがどこで使えるのか?を意識しないといけないです。
つまり変数のスコープがあるように、オブジェクトのスコープを考える必要があります。

スコープの種類

リクエスト → サーブレットの処理をJSPで利用する、など一つのリクエスト単位
セッション → ショッピングカートのような同じクライアントに対して処理をする単位
アプリケーション → 同じWebアプリケーションの単位でクライアントは異なってもいい単位

それぞれを扱うためにJavaのクラスが用意されています。

リクエスト → javax.servlet.http.HttpServletRequestインタフェイス
セッション → javax.servlet.http.HttpSessionインタフェイス
アプリケーション → javax.servlet.ServletContextインタフェイス

この三つを利用するためには、次のメソッドを使います。

Object getAttribute(String name)
引数nameで登録されたオブジェクトを取得する
void setAttribute(String name, Object value)
引数valueで指定したオブジェクトをnameという名前で登録する
void removeAttribute(String name)
引数nameで指定したオブジェクトを削除する
Enumeration getAttributeNames()
登録されている名前の一覧を返す

いずれのスコープを使うにしても、このxxxAttributeというメソッドが重要になります。
それでは実際にリクエストのスコープでオブジェクトを保存し
サーブレット→サーブレットの値受け渡しをしてみます。

hogeプロジェクト→Java Resources:src→hogeパッケージ右クリック→ServletA/ServletBを新規作成
ServletA→ServletBと移り、データを渡します。

ServletAに書く

protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException { 
    // TODO Auto-generated method stub
    request.setAttribute("message", "メッセージ");
    RequestDispatcher d = request.getRequestDispatcher("/ServletB");
    d.forward(request, response);
}

ServletBに書く

protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
    // TODO Auto-generated method stub
    String message = (String)request.getAttribute("message");
    response.setContentType("text/plain; charset=Windows-31J");
    response.getWriter().println("message = " + message);}


実行はServletA右クリック→Run As→Run on serverでした。

 

実行結果は次のようになります。

j2ee_09_01 



このように、ちゃんとデータをattributeを使って登録して呼び出せました。


category of Java:
【Java】サーブレット/JSPを書く勉強をするための環境について知っていること(一回目)
【Java】サーブレット/JSPを書く勉強をするための環境について知っていること(二回目)
【Java】開発環境を活用してサーブレットを書く。
【Java】サーブレットの基本的な話をする
【Java】JSPの話へと移る
【Java】JSPからサーブレットを呼び出す
【Java】パラメータを渡す
【Java】複数のサーブレットを組み合わせるための画面遷移の話
スポンサーサイト

【Java】パラメータを渡す

JSPサーブレットの連携が出来ることは分かりました。
これを利用して、HTML上のフォームなどを入れたJSPサーブレットの連携によって
そのパラメータを取得できます。

hogeプロジェクト→Java Resources:src→hoge右クリック→ParamServletの新規作成
hogeプロジェクト→Web Content右クリック→ParamJSP.jspの新規作成


それぞれ次のように書きます。

JSP
<body>
<h2>パラメータを引き渡す</h2>
<form action="/hoge/ParamServlet">
<input type="TEXT" width="180" name="text"></input>
<input type="submit"></input>
</form>
</body>


formというHTMLの構文はよく使うものです。
たとえばテキスト、テキストエリア、ラジオボタン、チェックボックスなどがあります。
そのACTIONという属性にサーブレットへのリンクを設定します。
これによってサーブレットを呼び出します。

サーブレット
protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
// TODO Auto-generated method stub
String msg = request.getParameter("text");
response.setContentType("text/plain; charset=Windows-31J");
response.getWriter().println("text: " + msg);
}


今までrequest、つまりブラウザ→プログラムという方向は利用していませんでした。
パラメータを引き渡すような処理ではこの部分を利用します。
requestからJSPのフォームのうち、nameという属性で指定した名前を用いることで
パラメータの取得を行うことが出来ます。

request.getParameter(名前)


これを実行すると次のようになります。

j2ee_07_01.jpg

入力すると

j2ee_07_02.jpg

渡される。

このようにJSPサーブレットという方向でパラメータを渡せるようになりました。
ただし日本語を入れると文字化けするので

request.setCharacterEncoding("Windows-31J");


という設定が必要です。
※実際にはこれだけでは文字化けするかもしれません
※設定で直るはずなのですが、少し再現出来なくて対策なし

【Java】JSPからサーブレットを呼び出す

JSPはHTMLの中にいろいろとコードを埋め込むのに対して
サーブレットは普通のJavaプログラムの形です。
よってJSP側にはHTMLで用いているような物、たとえばリンクなどが使えます。
これを利用してJSP側からサーブレットを呼び出すことが可能です。

ところで今まで作ってみたサーブレットJSP

http://localhost:8080/hoge/HelloServlet
http://localhost:8080/HelloJSP.jsp


といった形で呼び出すことが出来ました。
これを参考にしてJSPからサーブレットを呼び出してみましょう。

hogeプロジェクト→Java Resources:src→hoge右クリック→JumpServletの新規作成
hogeプロジェクト→Web Content右クリック→JumpJSP.jspの新規作成


として新しいJSPとサーブレットを作成し、次のように書きます。

JSP
<body>

<a href="<%=request.getContextPath()%>/JumpServlet">Go To Servlet</a>

</body>


サーブレット
protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
// TODO Auto-generated method stub
response.setContentType("text/plain; charset=Windows-31J");
response.getOutputStream().println("Jump From JSP.");
}


さて、実行はJSP側から行います。
Web Content→JumpJSP.jsp右クリック→Run As→Run on Serverです。
すると次のようになります。

j2ee_06_01.jpg

このようなリンクをクリックすると

j2ee_06_02.jpg

サーブレット側へ飛べます。
このようにHTMLやCSSが使いやすいJSP側と、処理を行いやすいサーブレット側を
うまく連携させて処理を行うということがよく行われます。
DBと合わせてJSP・サーブレット・DBの3つからなるシステムを作ることが多いです。



ここでアプリケーションへのパスを取得するためにrequestという暗黙オブジェクトを使ってます
これはoutなどと同じくJSPにてはじめから使える物です。
ここからgetContextPathというメソッドによってhttp://localhost:8080/hoge/の部分を取り出せます。

【Java】JSPの話へと移る

それでは次に、サーブレットからJSPへと移っていきます。
サーブレットは、それこそ普通のJavaと同様でコテコテのプログラムの形でした。
それに対してJSPHTMLの中にJavaのコードを埋め込むような感じで書きます。

それでは、サーブレットと同じく、テンプレートに登場してもらいます。
hogeプロジェクト→Web contents右クリック→New→JSPへと進みます。

j2ee_05_01.jpg

ダイアログが開くので設定します。
ファイルの場所がhoge/WebContentsになっていることを確認しておいて名前を入力します。
名前はHelloJsp.jspとします。

j2ee_05_02.jpg

さて、ここまでくると、次のようなテンプレートが登場します。
サーブレットと同様に、結構はじめから書いてあります。

j2ee_05_03.jpg

さて、中身を見ると普通のHTMLに結構近いことが分かります。
HTMLとの違いはJSPファイルの先頭に命令文が埋めてあることです。
サーブレットでの設定のように、JSPでもこの先頭の命令文によって設定を行います。
この命令文は

@page


という形で書かれます。
@pageと書かれていたら、それはJSPの設定を行う命令文だと考えてください。
さて、bodyタグないに次のように書きます。
※この文をpageディレクティブといいます。
※一般的に@で始まる文をディレクティブといいます。

<body>

<%
int sum = 0;
for(int i=0; i<10; i++){
sum += i;
}
%>

0から10までを足すと <%= sum %> になります。

</body>


これを実行してみましょう。
サーブレットと同じく、WebContents→HelloJsp.jsp右クリック→Run As→Run on Serverとします。
Tomcatが立ち上がり、または再起動した後に、内部ブラウザが起動します。

j2ee_05_04.jpg

このように出力されました。
※日本語と値が合っていないのはコードを読めば分かると思います。私のミスです。
さて、このようにできました。説明します。


JSPに埋め込まれたコード
JSPファイルにコードを埋め込むには次のようにします。

<%
 コード1
 コード2
%>


Eclipseを使う場合、<%まで打つと自動的にこの形になります。

また式の途中で変数の値だけを取り出したいような場合は次のように書けます。
上の例でもこれを使っています。

<%= 変数名 %>


この形の場合、式のセミコロンはいりません。


また画面へ出力するとき、サーブレットのようにoutという変数を使っていますが
これははじめから使えるように設定されているものです。
画面へ出力するときは、この変数を使えばいいです。

【Java】サーブレットの基本的な話をする

前回作ったサーブレット、書いたのはいいが、何も話していないので簡単に解説をしよう。
とりあえず前回のソースで処理をしている部分を引っ張ってくる。

    protected void doGet(HttpServletRequest request,
HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
// TODO Auto-generated method stub
response.setContentType("text/html; charset=Windows-31J");
PrintWriter out = response.getWriter();

out.println("<HTML>");
out.println("<BODY>");
out.println("<H2>Title</H2>");
out.println("<p>");
out.println("Text output<br>");
out.println("日本語の例<br>");
out.println("</p>");
out.println("</BODY>");
out.println("</HTML>");

}

もともとサーブレットはサーバ上であれこれ処理をして結果を返してくれるものでした。
今回はサーバというよりも、Tomcatというプログラムの上で処理を行っているのでした。
つまり通常のコンテンツは、サーバがWeb上にあるファイルをそのまま取ってきてくれるのですが
サーブレットの場合、そこにTomcatが絡んできているということです。

j2ee_04_01.jpg

このとき、ブラウザからサーバへ送られる赤矢印の流れを「リクエスト」と呼び
逆にサーバ側からブラウザへ送られる青矢印の流れを「レスポンス」と呼びます。
さて、今回の処理を行っているdoGetというメソッドの引数を見てみましょう。

    protected void doGet(HttpServletRequest request,
HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException

これを見ても分かるとおり、このリクエストとレスポンスという名前は
テンプレートにも使われるぐらい代表的な呼称ということになります。

JavaではリクエストをHttpServletRequestというクラスのインスタンスとして扱い
レスポンスをHttpServletResponseというクラスのインスタンスとして扱うということです。
つまりまわりくどく言っていますが

ブラウザへ送る側の処理は、response、に対して行う
ブラウザから来る情報への処理は、request、に対して行う


ということです。
ところで、結局この適当なサーブレットは次の二つのことしかしていません。

1.responseに対してコンテンツの種類を設定する
2.responseに対して出力を行う


これについて見てみましょう。
今回のプログラムはただブラウザ上に文字列を出しているだけなので
来る側のrequestには特に何もする必要がないのですね。


1.コンテンツの種類の設定について
コンテンツの種類というのは、つまりブラウザから返ってくる情報が

1.どのような種類の情報なのか(HTMLか、txtか、PDFか、jpegか、docファイルか・・・)
2.どのような文字コードで渡されてくるのか


といったことです。これを設定するためにsetContentTypeというメソッドを使います。
詳しくはまた別の場所で出てくるかもしれませんが、日本語を扱う場合は基本的に今回の書き方です。
(OSの環境によってはcharsetの方をWindows-31Jから変える必要があるかもしれません。)
(ただのテキストファイルとして出力するにはtext/htmlをtext/plainとします。などなど)


2.出力
サーバ側からブラウザ側へつながっている流れはresponseでした。
よってこのresponseからPrintwriterのインスタンスを取り出してきて出力すればいい。

たとえばJavaでファイルを読むとき、FilreReaderやBufferedReaderなどを使います。
これは実際にどのようにファイルへアクセスするかというのをとりあえず無視して
そういったことをうまく覆い隠したストリームという概念を用いることでファイルにアクセスしています。

j2ee_04_02.jpg

またPrintWriterというのは身近なところではSystem.out.printlnにも現れます。
System.outというのは標準出力=黒い画面を指しますが、これの型はPrintWriterです。
このときも、実際にSystem.outがどこにつながっているのか意識することなく
そのストリームに文字列をぽいぽい載せてやれば、あとは実行側が処理をしてくれるという特徴があります。
ストリームというのはデータの流れのことですね。


というわけで、今回も次のように考えられます。
responseというのはサーバからブラウザへつながっていると考えていいです。
ここからgetWriterというメソッドを用いると、この流れのPrintWriterが得られます。
System.outで画面につながったストリームが得られるのと同じです。

ですので、こうして得られたoutにおなじみのprintln関数を使って
文字列をぽいぽい投げてやればブラウザに返ってくる。
そういうことになるのです。

j2ee_04_03.jpg

それでは次回、サーブレットとは違ったもう一つの形態であるJSPというものを経由した後
おそらくJSPとサーブレットの連携をした後にDBの話へ行こうと思います。



category of Haskell:
【Java】サーブレット/JSPを書く勉強をするための環境について知っていること(一回目)
【Java】サーブレット/JSPを書く勉強をするための環境について知っていること(二回目)
【Java】開発環境を活用してサーブレットを書く。

【Java】開発環境を活用してサーブレットを書く。

前々回ダウンロードした環境を前回設定しました。
今回は実際にそれらを利用してサーブレット/JSPを書いていきます。
とりあえずEclipseを起動させ、通常の状態にしておきます。

File→New→Other→Web→Dynamic Web Projectと進みます。

j2ee_03_01.jpg


次に、ProjectNameを入力します。
ここではよく使われる適当な名前「hoge」とでも設定しておきます。好きなモノでいいです。
その他の項目はデフォルトのままでFinishです。

j2ee_03_02.jpg


さて、Eclipseの通常画面に戻りました。
左側に出ているProjectExplorerの中にhogeというプロジェクトが出来ていることを確認します。
ProjectExplorerが出ていない場合は、Serverの時と同様で、Window→Shor Viewから表示させてください。
(たいていのモノを消してしまった場合、Window→Show Viewからもう一度表示させられます。)

また右上の部分でJava EEが選ばれていることも確認しておいてください。
この場所でメニューやボタンなどの配置をそれぞれのモードに変えることが出来ます。
よく使うモノとしてはJava、JavaEE、デバッグなどです。

j2ee_03_03.jpg


さて、プロジェクトhogeを右クリック→New→Servletと選択します。

j2ee_03_04.jpg


出てくるダイアログで作成するサーブレットの名前等の設定をします。ここでは

Java Package:hoge
ClassName:HelloServlet


とします。

j2ee_03_05.jpg



その後Finishとすると、いわゆるサーブレットのひな形が作成されて表示されます。
見てみましょう。

j2ee_03_06.jpg


さて、その中にはdoGetというメソッドが自動的に作成されていると思います。
このdoGetというメソッドがサーブレットのもっとも基本的なメソッドとなります。
ここを次のように書き直していきましょう。ただし、ソースファイルの先頭に

import java.io.PrintWriter;


を追加するのを忘れずに。

    protected void doGet(HttpServletRequest request,
HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
// TODO Auto-generated method stub
response.setContentType("text/html; charset=Windows-31J");
PrintWriter out = response.getWriter();

out.println("");
out.println(" ");
out.println("

Title

");
out.println("

");
out.println("Text output
");
out.println("日本語の例
");
out.println("

");
out.println("
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
");
out.println(" ");

}



Eclipseの場合、Ctrl-Sで上書き保存をするときに自動的にチェックされます。
特に赤色の×が周辺になければエラーがないコードということになります。
またCtrl+Shift+Fでコードを見やすいように整形することも出来ます。
(整形方法については自分で設定も出来ます。)

さて、このファイルはhogeプロジェクトのどこに保存されているのか言っていませんでした。
これはhoge→Java Resources: src→hoge→HelloServlet.javaというように見ることが出来ます。
HelloServletがファイル名、その前のhogeがダイアログで決めたパッケージ名です。


それではこのサーブレットを実行します。
上のようにして表示させたHelloServletを右クリック→Run As→Run on Serverを選びます。
初回実行時、どのサーバを用いるか聞かれるので、自分で用意したServerを選択します。
このダイアログ中、現在のプロジェクトは必ずこのServerを使うといったチェックボックスがありますから
チェックしておくと、毎回ダイアログが出なくなり便利です。


実行させると下の方にTomcatの起動メッセージが出ます。
すでにTomcatを起動していた場合、再起動するかどうかが問われますので
一応再起動しておくといろいろ安心です。

Tomcatが起動すると、内部ブラウザと呼ばれる確認用のブラウザが新しいタブで開かれます。
そこで実行結果を確認しましょう。

j2ee_03_07.jpg


おおおぉ。打ち込んだモノが出力されました。


ここまで非常に簡単ながら


  • 開発環境の用意

  • 開発環境の起動と準備

  • サーバの作り方

  • プロジェクトの作り方

  • サーブレットの作り方

  • サーブレットの実行



などを見てきました。
いかがでしたでしょうか。

次回はもう少し詳しく説明するか
もしくはせっかく準備しているので、データベース関連の話を絡めていきます。



category of Java:
【Java】サーブレット/JSPを書く勉強をするための環境について知っていること(一回目)
【Java】サーブレット/JSPを書く勉強をするための環境について知っていること(二回目)

【Java】サーブレット/JSPを書く勉強をするための環境について知っていること(二回目)

さて、前回の記事で環境をダウンロードして、解凍するまできました。
今回はこれを使って開発のテストを行っていきます。

1.まずはじめに
まずはじめにEclipseを立ち上げる。
(次のようなスプラッシュウィンドウが出る。表示はEclipseのバージョンによって異なる)
j2ee_02_01.jpg

初回起動時、次のようにどこにファイルなどを保存するかの指定が出来る。
これをWorkspaceといいます。前回作ったフォルダjavasrcを指定する。
また左下のチェックボックスにチェックを付けておくと、この場所で固定されます。
二回目以降も聞かれるのは多少面倒なので、とりあえず固定しておくといいです。
j2ee_02_02.jpg

さて、次のような画面が初期画面です。昔と比べて少し変わりましたね。
この画面に来たら、とりあえず右上の矢印を選んでください。Workbenchへ飛びます。
ワークベンチというのは、いわゆるプログラムを開発する画面のことです。
j2ee_02_03.jpg

そして次のようになります。ここまで来ると最初の段階が終わりです。
j2ee_02_04.jpg


2.Tomcatの設定をする
次にEclipseからTomcatをうまく利用するために設定する。
まずFile→New→Otherと進む。
j2ee_02_05.jpg

するとダイアログが出てくるので、この中のServerを選んでNextへ。
j2ee_02_06.jpg

Next後、Serverの種類としてApacheからTomcatのv5.5を選びNextです。
j2ee_02_07.jpg

基本的に設定はデフォルトでいいのですが、Installed Directoryとして
Apache Tomcat v5.5をダウンロードして解凍した場所を指定しておく。
j2ee_02_08.jpg

こうすることで下のView内のServerに今のServerが出てきます。
出てきていない場合はWindows→Show Vier→Serverを選んで出しておきます。
j2ee_02_13.jpg

ここからサーバを右クリックし、Startを選択します。
初回起動時、次のようにFirewallに引っかかるというメッセージが出るので、ブロックを解除します。
j2ee_02_14.jpg

ブロックを解除した後、再び右クリック→Restartとします。
その後ブラウザにてhttp://localhost:8080/にアクセスすると次のような画面が出ます。
(もしかしたら真っ白ページかもしれません)
いずれにしてもTomcatが起動していることが分かります。
j2ee_02_15.jpg

以上で基本設定を終わります。
SqliteやJDBCドライバはすぐには利用しないのでとりあえず保留です。
次回は実際にサーブレットとJSPを書きます。



category of Java:
【Java】サーブレット/JSPを書く勉強をするための環境について知っていること(一回目)

【Java】サーブレット/JSPを書く勉強をするための環境について知っていること(一回目)

普段Javaのプログラムを書くとき、基本的にはEclipseを使うことが多い。
ごくまれにEmacsを使って書いているときもありますが、いちいちAPIを引くのも大変なので
コードアシスト&自動整形(Ctrl+Shift+F)がとても便利に感じられる。

サーブレット/JSPはサーバ上で動くJavaプログラムのようなモノで動的なもの。
動的なものというのは、要するにアクセスしたいという要求を出してからサーバ上で実行されるということ。
普通のWebページなどははじめからファイルがサーバ上においてある静的なものということになる。

サーブレットやJSPの開発するときに、プログラムを動作させるためにTomcatというプログラムを使う。
またサーブレットを開発すると、web.xmlを記述したり、適切な場所に配置したり、Tomcatを管理したりと
いろいろとやることが多くて、如何せん取っつきにくい。
(単純に言えば、本を見たりサイトを見て勉強する段階でこの捜査が面倒だ。)

というわけでEclipseの出番になるのだが、Eclipseを用いるとこういった作業を意識せずに
サーブレット/JSP開発をすることが出来るようになると考えていい。
というわけでその環境を整えるということについて知っていることをまとめた。



まずはじめに必要なものを取ってくる。
具体的に言うと

  • Eclipse本体(必要なら日本語化に必要なモノ。今回は使わない)
  • DBのソフト、今回はsqlite 3
  • DBに接続するためのJDBCドライバというもの
  • プログラムを動作させるTomcat本体
  • ※Java SDKがインストールされているパソコン
  • ※Javaの最低限の知識

この4つを準備する。(下二つはとりあえず前提)
以下、アクセス先は09年の09月15日現在です。

1.Eclipseの準備
アクセス先はhttp://www.eclipse.org/downloads/になる。
公式サイト、ダウンロードからEclipse IDE for Java EE Developers (189 MB)をダウンロード。
日本語化したい場合はEclipseのWikiなどを参考にする。
j2ee_02.jpg


2.Tomcatの準備
アクセス先はhttp://tomcat.apache.org/download-55.cgiになる。
とりあえずverとして5.5系を使うことにする、たぶん6.x系でも大丈夫。
とりあえず扱いやすいこともあってzipファイルをダウンロード。
j2ee_04.jpg


3.Sqlite&JDBC
これは別に必須ではないけれども、こういったアプリではDBへ接続するというのをよくやるのでとりあえず。
有名どころとしてはMySQLとPos・・・の2つがあるのだけれども、簡単に使えるSqliteを使う。
アクセス先はhttp://www.sqlite.org/download.htmlになる。
同様にzipをダウンロード、中には実行ファイルがただひとつ入っている。
j2ee_03.jpg

JDBCドライバのアクセス先はとりあえずhttp://www.zentus.com/sqlitejdbc/ここです。
JDBCにはいろいろ種類があるらしく、別にどれでもいいのですが、たまたまこれを使います。
j2ee_05.jpg

以上でダウンロード完了です。
おそらくEclipseのダウンロードが一番かかるはず。


配置&解凍などの作業
とりあえずblog用に環境を作りますので好きな場所に解凍してください。
今回はF:\blog_j2ee\以下に配置しています。

j2ee_06.jpg

解凍します。
またjavasrcというフォルダを作っておきます。

j2ee_07.jpg

以上で配置完了です。
次は開発環境をさらに整えていきます。

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。