1. Top » 
  2. Linux

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

【VMWare】WMWare Player 3を使ってみた

インストールして再起動後、新しい仮想マシンを作って使ってみました。
OSを準備する余裕も特になかったので、ちょうどPC内にあったGentooのLive CDを起動してみました。


初回作成時には、とりあえずライブCDを指定しました。
vmware-u-01.jpg

種類を選択します。
Gentooはなかったですが、有名どころのディストリビューションはリストにありますね。
vmware-u-02.jpg

名前と格納場所を決めます
vmware-u-03.jpg

ディスクのサイズを決めます。
実際に必要になったときに、ファイル容量が増えていくタイプだったはず。
vmware-u-04.jpg

一通りの設定が終了。
ここでは少しカスタマイズしました。
vmware-u-05.jpg

メモリ使用量を上げます。
256MBでは少し大変かも?
vmware-u-06.jpg

その他、項目もありますが、とりあえずOKして作成。
vmware-u-07.jpg

中にフォーカスが行っているときはCtrl+ALTで抜け出せますよ。
初回起動です。
vmware-u-08.jpg

Linuxを選択している場合、初回起動時にメッセージが出ます。
おそらく何かが足りないのでとりにいっている?
vmware-u-09.jpg

起動するとライブCDが立ち上がります。
インストールする場合はここからインストールできる。
vmware-u-10.jpg

Gentooはデフォルトでかなり軽いですね。
スポンサーサイト

【VMWare】WMWare Player 3をインストールした

VMWareが新しくなりましたね。
フリーのPlayerでも仮想マシンを作れるようになりました。
詳しいことはよく知らないのですけども、VirtualPCやVirutalBoxに、この点では並びましたね。
またVMWareはマルチプラットフォーム展開なので、どのOSでもおそらく使えます。

とりあえずWindows Vista上でインストールしました。
そのときのキャプチャです。



ロゴの雰囲気が変わったかな?少し垢抜けた感じです。
vmware-01.jpg

とりあえずインストールを進めていきます。
vmware-02.jpg

インストール先の選択
vmware-03.jpg

その他の設定
vmware-04.jpg

インストール開始
vmware-05.jpg

インストール中
vmware-06.jpg

インストール終了、再起動が必要です。
vmware-07.jpg

実際の利用時、規約です。
とりあえず読んで同意です。
vmware-08.jpg

新しくなったメニュー画面。
vmware-09.jpg


メニュー画面ですが、新しくなりましたよね(?)
しっかり、新しい機能が使えるようになっています。

個人的な感覚では

完成度 VMWare > Virtual PC > Virtual Box
軽さ VMWare, VirutalBox > Virtual PC
デザイン Virtual Box > VMWare, Virtual PC


のようなイメージだったのですが、新しいのはVMWareもかっこいいなぁ。

Debianのハードディスク

久しぶりにLinuxネタ。
まぁ普段結構使っていますし、ネタはあるのですが時間がないので
なかなかまとめる時間がないですね。

いや、Debian使っていたらですね、なぜか100%ハードディスク使ってるという
不明な警告が出まして。
せっかくなのでディスク使用量の解析ツールを使ってみる。
全体で80Gあるので、ぜったい何か邪魔してるのがあるはず・・・

Screenshot-ディスク使用量の解析


なかなかビジュアルな感じで見やすい。
えーと・・・

Screenshot-ディスク使用量の解析-1

なるほど。
下の階層まで探れるみたい。
なんだこの邪魔してるやつはー!
消していいのかね。

Dropbox on Debian

Linuxでいろいろ作業する。
Windows(母艦)とEee PCはデータをDropboxを利用して同期している。
その輪の中にDebianも入れたらいいなぁと思いつつ。

公式サイト

  http://www.getdropbox.com/downloading?os=lnx
  ここではFedoraとUbuntuしかない。

DebianはUbuntuと近いらしいけれどもとりあえずsrcから入れてみるか。


1.とりあえずダウンロード&rootになって
 > mkdir /usr/bin/src
として
 > mv nautils-dropbox*** /usr/bin/src
として動かす。


2.解凍
おなじみ
 > tar xvf *.tar.bz2
 > cd nautils*

3.コンパイル
 > ./configure
 > make
 > make install

・パッケージが足りないと怒られた

 libnautils-extension
 libnotify
 docutils


探そう
 > apt-cache research libnautils
たぶんlibnautils-extension-devなどなど。

次のようにインストール
 > apt-get install libnautils-extension-dev
 > apt-get install linbotify-dev
 > apt-get install python-docutils

なんと70MBも使うdevパッケージだったり、一瞬で終わったり。
これでインストール完了。

メニューから実行して起動です。

Debian(lenny)+Movable Type4.2@Intranet

Debian 5.0にMovableTypeをインストールする。
なんとも地味な休日を送っています。
MovableTypeってのはあれですよ、ブログ管理ソフトみたいな感じなやつ。
家の中からしか見れないけれどもね。


結構大変な作業だったので
ちゃんとまとめて記事にします。

さぁ、Linuxのコマンドのメモ。

あくまでもメモ。
そのうち・・・

find . -name "*.html" -exec sed -i.log 's/div id/div class/g' '{}' \;


eeepc+eeeXubuntuでswapを削除する

EeepcにeeeXubuntuをインストールしたとき、インストーラに任せたためSwapが出来てしまった。
大きい容量ではないのだが、4GBしかないSSDに対して250MBは大きすぎる。
またメモリも1GBあるので、まったく無駄な容量だと思う。
よし、SWAPを自分で削除して後から/に追加して250MBほど増やしてみるぜ!


1.リカバリーモードの世界に踏み込む
ブート中に(ブートローダのところで)ESCを押すとブートのメニューが見られる。
このとき、通常の起動ではなくてRecoveryモードを用いる。
Recoveryモードではいろいろなことが出来るようだが、ここではRootを選択。
Rootの端末を利用して、Swapと戦うことにする。
ちなみに他の方法は知らない。


2.敵を知る -Swapはどこだ-
何も準備せずにリカバリーモードの世界に踏み込んでしまうおっちょこちょい(私)がいる。
そのために、とりあえずSwapがどこにあるかぐらいCUIで調べないと・・・

lshw | more



list hardwareの略であるlshwとmoreを用いてハードウェア情報を一覧にさせる。
CPU→Memory→PCI→USBなどの順で上から表示されてくる。
その中でIDEの部分を探し出し、Swapパーティションの場所を探す。
差がした結果

/dev/sda5



にあって、これは

/dev/sda2



の拡張パーティションに包まれているっぽい。なるほど、強敵だ。


3.おやすみSwap
どうもLinuxにはswapoffというSwap停止命令があるらしい。
詳しくはしらないのだが、とりあえず使えるとおもう。
さて、先ほど調べた物を使ってもいいのだが、全部止めてしまおう

swapoff -a -v



全てのSwapが止められ、/dev/sda5も止められたとメッセージが出る。
コマンドの前にシステムなど無力なのだ。


4.禁断の道に踏み込む -パーティションさようなら-
/dev/sda5のSWAPを止めてしまったので、さっそく削除しよう。
幸いなことにCUIで利用できるパーティションエディタ的なものがちゃんとついていた。

parted /dev/sda

と入力して、/dev/sdaつまりCドライブになっていた4GBのSSDを操作する。
ここからは非常に危険な作業なので注意が必要だ。
コマンドを打ってしまうと、速攻に実行され下手すればパーティションさようならだ。
さて

print

とうち、パーティション一覧を表示させる。
一番左に表示されている番号(NUMで表す)をよく見よう。
ここで目的の/dev/sda2の番号が2であることを確認する。
さて、削除するために

rm 2(要するにNUM)

とタイプする。パーティションさようならだ。
Swapを包んでいた拡張パーティションごとSwapは消え去った。
まったく、コマンドの前にシステムなど無力なのだ。(大事なことなので2度いいました)


5.何をすればいいのかわからなくなった、とりあえずfstabを操作する。
さて、消したのはいいが、何をすればいいのか分からなくなってしまった。
とりあえず自動マウントの設定が書かれている/etc/fstabを操作すればいいのだろう。
※たぶん・・・未確認
幸いなことにrootコンソールでvimやemacsが普通に使えるので

vim /etc/fstab



とたたいて、Swapについて書かれている場所をコメントアウト#する。
これで次回からマウントされなくなるはずだ。
※マウントしたくても対象は消してしまった

ここまできたら、通常のメニューに戻ってしまおう。
何か起きてもしらない、最初から再インストールするだけの話だ。
こんなのなんてことはない。実に高等な遊びだ。
(私などeeeXubuntuやeeeMint、eeeUbuntuのインストール作業、20回はやった)


6.消したのはいいが、宙ぶらりんな元/dev/sda2をどうやって/に統合するのか
またしても暗礁に乗り上げてしまった。
解放したのはいいが、どうやって使うのだ。
パーティションが分かれていたら/の空き容量対策にはならない。

・・・
うーん
・・・

以前からお世話になっているGUIでのパーティション操作ソフトQTpartedを使うか。
ところでapt-getでインストールできるのかね?
こういうときもインターネットに頼らないでとりあえずコマンドで頑張る。

sudo apt-cache search qtparted

結果、どうもqtpartedという名前でそのままあるらしい。
インターネットに接続し(一回、接続しなくてapt-getが失敗したのはご愛敬)インストールする。

sudo apt-get install qtparted

なお、これらの作業は全てeeeXubuntuのコンソールで行っている。
そのためのsudoだ(rootは設定してあるのでsuでいいのだけれども、趣味だ)

インストールした結果、qtpartedは・・・あれ?
どうもメニューには登録されていないみたい。
仕方なくコンソールに依存して

sudo qtparted

と打ってみた。起動したので利用する。

・・・

あれ?
・・・・・・

起動しているパーティションの操作なんてできない

よく考えたら出来るはずないのだけれど・・・
完全に油断して浮かれていたのだ・・・
対策を練る。


7.仕方がないので当面は・・・
どこかにマウントして使えばいいのだけれども、根本的な解決にならない気がする。
容量に余裕があるなら、断然その方法だが、とにかく容量を増やしたいだけなのだ。
この前使ったeeeMintのLiveバージョンを使ってパーティションエディタを利用する。
※このエディタはGPartedという。

1./dev/sda1を選択
2.リサイズ→一番右端までまるまるいっぱい利用する
3.編集→全ての操作を適用



この流れで大丈夫なはずだ。
あとはこの操作が失敗しないことを祈る。
簡単になったとはいえ、パーティション操作は本来かなり危険な物だ
(今回もrmコマンド一回で消え去ったのだ。)


8.平和にいつものeeeXubuntuの環境に戻る
いろいろ苦しみながら試行錯誤したがはじめからしておけばこんなことはしなくて済んだのだ。
ご利用は計画的に・・・


以上、SWAPパーティションを後から消して空き容量にする作戦、成功。

eeeXubuntu8.10でxfce4のパネルが消える

xfce4-panel



で一応起動するみたいだが、バグ?なのかすぐ落ちて消えてしまう。
とりあえず~./cache以下にあるxfce4のcacheを消してみる。

Eee PC 901(4+12) + eeeXubuntu8.10でHDDの空き容量がない

・デフォルトでインストール
・javaとghc6とemacsとyatexをインストール
・openoffice3.0をインストール
・アップデート


こんなことを繰り返しているうちに空き容量が180MBしかない。
Cドライブは3.8GB程度あるため、90%程利用していることに・・・

これは大変!
とりあえず急遽の策

sudo apt-get clean
sudo apt-get autoremove




削除後、240MBほどに・・・
大丈夫か!?

Firefoxについて

LinuxについてFirefox

 ・CPU → Atom
 ・メモリ → 1G
 ・ハードディスクの空き → 270M

の今の状況では微妙につらいのも確か。
特にタブを5個~7個程度開くと大変なことに
(そんなに開くなっていう話かもしれないが)
(解像度できにF11の全画面表示を使うとすごく幸せ)
(タブを閉じるがCtrl+F4ではなくCtrl+Wという標準になっていて幸せ)
というわけでホームディレクトリにある

./mozilla/firefox/xxxxxxxx.default



の中にuser.jsを書いてみる。

user_pref("network.http.pipelining", true);
user_pref("network.http.pipelining.firstrequest", true);
user_pref("network.http.pipelining.maxrequests", 8);
user_pref("network.http.max-connections", 32);
user_pref("network.http.max-connections-per-server", 8);
user_pref("network.http.max-persistent-connections-per-proxy", 8);
user_pref("network.http.max-persistent-connections-per-server", 4);
user_pref("nglayout.initialpaint.delay", 0);
user_pref("content.notify.backoffcount", 5);
user_pref("ui.submenuDelay", 0);
user_pref("content.interrupt.parsing", true);
user_pref("content.max.tokenizing.time", 2250000);
user_pref("content.notify.interval", 750000);
user_pref("content.notify.ontimer", true);
user_pref("content.switch.threshold", 750000);
user_pref("browser.cache.memory.capacity", 65536)





効果ありますかね?

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。