1. Top » 
  2. 2009年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Henry V 第九回

<ここまでのあらすじ>
 昔々、荒れていたHenryVは、HenryIVが死ぬのと同時にその能力を覚醒させ
王として十分に自覚した。そしてそのころ、教会の財産を没収する法案が提案されていたり
いろいろと大変。ところでHenryVは思ったのだ、自分にもフランス王権への権利が
あるのではないだろうと。しかし、それを阻止する法案がフランスにはある。名をサリク法と呼んだ。
 しかし、彼はそれに疑問を持ち、大好きな大司教カンタベリに助言を求める。


<続き>
カンタベリ:
 ああ、彼らの体を追ってください、わが君主よ。
あなた自身の権利を勝ち取るために、剣と炎と血を伴って。
聖職者たちはあなたへの忠義を掲げ、一時金であなたを支援します。
その金額は決してあなたの祖先たちには向けられなかった額です。

ヘンリー五世:
 私たちは決してフランスだけを侵略するのではなく
スコットランドからの攻撃からも国を守らなければならない。
その準備も必要なのだ。
なぜならスコットランド王は、私たちが侵略するであろう
フランスに味方してわれわれを攻めてくるだろうから。

 ひとたびイングランドの鷹が狩にでているとわかると
いたちのようなスコットランドは、守られていないイングランドの巣に忍び寄ってきて
(将来の)王子の卵を吸い、さらには食べつくすだけではなくそれ以上に
壊していくであろう。まるで猫の不在に遊ぶねずみのように。

エクセター:
 それは、猫はいつも家にいなければならないのだといっているかといえば
それは無理強いされた結論である。
われわれは食料を守る鍵と、下級の盗人を捕まえるための罠を持っている。
つまり一方で武装して外国で戦っているとき、その慎重な頭が家を守っているのだ。

 というのは、国は下流、中流、上流と階層化されて構成されていて
、音楽のように満ち足りた調和の中でひとつの結論に一致するような
団体こそが国である。それゆえに天は人を機能で分割して努力させ続けるのである。

 各部の努力と活動目的は服従である。
自然の摂理による動物、ミツバチもわれわれと同じように働いて
正しい行動というものを人に教えているのだ。
 
スポンサーサイト

Henry V 第八回

カンタベリ:
 民数記の中には次のように書かれている。男が死んだときは
女に相続させるべきだと。わが君主よ、あなた自身のもののために立ち上がれ。
そして軍旗の封印を解き、偉大な先祖を回想するのだ。

 行けわが君主よ、あなたの曽祖父の墓へ。そして彼の戦の魂へ呼びかけよ。
同時にあなたの叔父であるエドワードブラックプリンスにも祈願せよ。
ブラックプリンスはフランスの地で惨劇を演じた。
そしてフランス全軍を壊滅させたのだ。
そのときエドワード三世は丘の上に立ち、笑ってみていたのだ。
ライオンの子供とでもいうべき息子が、貴族の血を中で喜んでいるのを
笑ってみていたのだ。

 ああ、気高きイングランドの軍隊よ、おぬしらがフランス軍を壊滅させるには
全軍隊の半分で事足りて、残り半分は笑ってたたせていられる。
つまり残りの半分は仕事がなく行動不足になり、とても静かであろう。
勇敢な死、死者たちを思い起こして、強力な軍とともにその行動を再び繰り返すのだ。

 王様よ、あなたは彼らの王座に座りし後継者であり
彼らを有名にした気性と勇気は、あなたの血を流れているのだ。
殿下は今、若さの盛りであり、強力な軍事行動を行うにはちょうどいい年齢である。

 現世の諸侯の王、ならびに君主は、祖先の王たちのように
あなた自らが巣穴から出てきて、出陣することを望んでいるのだ。

 彼らはあなたが十分な大義名分と金銭的資源を持っているのを知っている。
現に殿下はそれらを持っていらっしゃいます。
過去のイングランド王はあなたほどの豊かな忠義を尽くす貴族たちを持ったことはないし
あなたほど忠実な臣下を多く持ったことはありません。
そして彼らの心はすでにイングランドに残っている体を離れて
フランスの戦場にて陣を張っているのです。

あ、夜中

どうもこんばんは、Takiです。
最近目薬をなくして新しく買いなおしました。
買ったばかりだったのに・・・
なぜ目薬はなくなるのでしょう。



明日から6月、また気合を入れていきましょう。
といいたいところなのですが、どうも6月病の気分。
夕方から少し疲れ気味なのです。
明日は好きな工業数学A2の時間ですので、がんばって生きます。
いえ、行きます。

とりあえずレポートを淡々とこなします。
Good night

プログラム、夜

夜中になりました。
だいぶ実験のプログラムがまとまってきましたが・・・
とりあえず夜は実験のレポートを書きます。

いや、勉強ばっかだな。
夏のTOEIC(予定)に向けて頑張ります。

レポート、完了?

人工知能の課題をしていました。
同定木の問題。
難しい・・・・というか授業聞いていないのでレジュメしか情報がない。
あってるかどうか不安だが、とりあえず出すことが大事だろjk・・・

夜も更けてきました。
プログラミングの時間のはじまりですね、わかります。
きょうはその前にBambooを使って遊ぼう。
あ、Bambooのレビューでもかきますかね

TERM No.5

5.実数の大小の定義

・実数 = 無理数の集合U有理数の集合
・有理数の切断を実数に対応させる

・実数の大小関係は集合の包含関係による
 α=(A,A')、β=(B,B')とする。
  a in A not in B, b in B not in A
  then a in B' -> b < a
  then b in A' -> a < b
  矛盾が発生

・よって次のようにする
 ・A ⊂ B : a < b
 ・A = B : a = b
 ・A ⊃ B : a > b
・実数も線形順序集合

TERM No.4

4.有理数の切断α=(A,A')

・有理数の性質
  有理数は四則演算が閉じている
  大小関係がある線形順序集合
  可算無限個
  稠密

・稠密
  p,q∈Qとしてp  →p,qの区間をNで割って細分化すれば自明

・√2は無理数
 性質 √2より大きい有理数の集合に最小はない
     √2より小さい有理数の集合に最大はない


有理数の切断α=(A,A')
 条件1.すべての有理数はAまたはA'に入る
 条件2.aがAに、a'がA'に入るならa
4パターン
 ・Aに最小、A'に最大がある→稠密よりなし
 ・Aに最小があるがA'に最大はない→OK
 ・Aに最小はないがA'に最大はある→OK
 ・Aに最小、A'に最大はない
   これが成り立つのが無理数である。無理数による切断という
   たとえば√2のように、それより大きい集合にも
   小さい集合にも最大最小はなかった場合に当たる

・有理数を切断することで実数の概念が生まれる
・ところで実数を切断することはできるだろうか

TERM No.3

3.(0,1)にあるすべての数は非可算無限
・有理数までは可算無限
・10^可算無限は可算無限ではない
・無理数は非可算無限

・対角線論法→[0,1]の実数は可算無限かどうか→NG

・すべての実数は1桁目10、2桁目10、・・・可算無限
・つまり10^可算無限は非可算無限

TERM No.2

2.すべての有理数は可算無限で、いくらでも小さい幅で覆える

・有理数は線形順序集合
・[0,1)にどれくらいの有理数と無理数が分布しているのだろうか
・有理数(点)はとても小さい範囲εで覆うことが出来る

・有理数の先頭からε/2、ε/4、ε/8・・・・で覆う
・よってε(1/2+1/4+・・・・)→ε
・∀ε、よって→0でおk。

・つまり[0,1)はほとんど無理数

TERM No.1

自然現象と数学 TERM No.1 無限大

・可算無限 N Z Q
・非可算無限 R C
・集合の密度が同じ→1対1対応がつく

・可算無限の基準 自然数N
・可算無限×可算無限 可算無限(対角線@格子)
・格子の一般式 (m+n-1)(m+n-2)/2+n


Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。