1. Top » 
  2. 2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

9月の終わりになりました。

今週は年間52週のうち、何週目ぐらいでしょうか。
9月27日はちょうど270日目になるようです。
つまり来週がちょうど40週目になるということかな、よし。
いずれにしても残り3ヶ月です。
大学生は冬の中間試験がないので、授業を受けていてすぐに年末。
これは新しい感覚です。

ただいまEee PCのバックアップ作業中。

1.Cドライブ(4GB)のバックアップ(イメージ)
2.Dドライブ(8GB)のバックアップ(イメージ)
3.Dドライブのうち、データに関するものをバックアップ


このような流れです。
EeePCの話、最近Windowが遅くなってきました。
うーん、状況は少しよく分かりません、純粋に断片かかなーと思いますが
ただWindowsXP自体はあまり高速なOSではないと思います。
特に顕著なのは文字入力ですね、もたつきます。
その分Linux系はやはり軽いなーと思います。

さて、EeePCにLinuxを入れる自体は過去何度もしていますが
なかなか活用がしづらい。
その理由はCドライブの4GBにあります。
これをどう回避していくかというのが問題なわけです。

空のeeeLXubuntuを入れます。
eeeLXubuntuは軽いウィンドウマネージャを採用してEeePC用にカスタマイズされたものです。
これ使って出来るだけ容量を開けておきます。
ここからですが、少なくとも

emacs
tex環境
perl
python
java
gcc


を入れる必要があります。これが結構重い。
さらにapt-getで入れてしまうと問答無用でCドライブ行きなので、結構大変です。
ここら辺をうまくかわせるかどうかが今からの課題。

夏休みといういいわけを伴って9月の支出入を振り返る

今月は夏休み、基本的に家に滞在していたにもかかわらず
どうしても臨時出費が多い、そんな月が夏休みです。
というわけで今月、どうも出費が多くて財布が空なので、少し振り返ります。
※お金はiPod Touch上でCash Flow Freeを使って管理しています。

9月2日時点(逆帰省時)
このときの初期残高が10,756円です。
なんだかんだありながらこっちへ戻ってきたときの財布の初期値。

一番最初の散在
収入 30,000
支出 27,800 ScanSnap


以前ブログにも書いたとおり、ScanSnap S510の購入分。
30,000円はいわゆるタンス預金から出てきたお金で会計に直接の関係なし。

当月の収入 40,000 奨学金より

臨時出費
1.歯医者 3回分 3840
2.教科書 2冊分 4300
3.電気代 8月分 2000
4.TOEIC 受験料 4042
計 14182

ここら辺はいわゆる仕方がない出費。
むしろここら辺を削ってしまうと生活の質、QOLが下がるのに加えて
学生としての意味がなくなってしまう。
やはり教科書及び参考書は財産なので、それを削るぐらいならむしろ食費を削るべき。


いわゆる買い物
いくらしょっちゅう外食に頼っていたとはいえ、基本的に買い物をして生活しないとダメ。
というわけで買い物を何回しているのだろうかと数えてみる。
家計簿アプリに買い物として登録されている物をカウントしよう。

1.1584
2.315
3.1064
4.808
5.716
6.735
7.436
8.1707
9.1250
10.403
11.428
12.1717
13.315
14.1672
15.461
16.2700
17.2030

小さい買い物が多い印象。
これは夏休み中の掃除用具、アルコール、ウエットティッシュなどの風邪防止用のものも入っている。
大きい買い物で言えば8.~10.回程度。2,3日に一度の買い物ということか。
最後の2030はお米のお金が入っていて、普段は発生しない。
結局買い物だけの支出で18341円になる。
この金額+外食代が一月の主な食費になるのか?少し多い印象か。
外食に頼っていた&食事回数が少ないことを考えると使いすぎかな。
ただ普段は外食じゃない部分が外食費になって余計なお金がかかっていると考えると同じぐらいか。


いわゆる外食
9月でやけに増えた外食、アプリ上で外食に相当するものをカウントしよう。

1.490
2.681
3.450
4.400
5.300
6.250

あれ、意外と少ないな。笑
外食相当分は2571円
普段はこんなものかな?仮に一月に2回、ファーストフードに言ったとしても1000円前後。
というわけで普段より2倍ほどファーストフード・カフェを利用したということか。


交通交際費・娯楽
夏休みにはやはり増える交際費、交通費。
カウントしてみよう。

1.3,000 飲み会
2.1,000 ICOCA
3.800 DVDレンタル
4.1,159 本
5.273 文房具
6.600 交際費
7.950 交際費
8.1,490 交際費
9.440 交際費
10.461 交際費
11.1,500 iTunesプリペイド
12.980 iPod Touch関連

うん、特に交際費と娯楽費が多いね。普段はこんなに使わないな。
合計で11673円になる。
実家にいたころの月のお小遣いが10kだったことから考えるとoverしてるな。


その他雑費
地味に多いと思われる雑費。

1.280
2.280
3.300
4.300
5.420
6.300
7.150
8.320
9.280

洗濯代150円、外出時の飲み物代多数。
普段は洗濯代のみで、150円×8回ぐらいか?たぶん。
合計で2630円
まぁ少し多い。

普段の基本生活費は上にも書いたとおり奨学金の40,000だとして
初期に合ったお金とScanSnapのおつりで今月は53,000円ほど。
うーん、歯医者+本+TOEICを引けばだいたいイーブンか。
つまり夏休みでお金を浪費している分は食事回数が減った分でだいたい相殺かなーという感じかね。
まぁ、来月からは節制しよう。
※そんなこといいながらTOEIC公開の6,000円がある。


このように、一応家計簿を付けている人です。
家計簿に付けられると、少し出費のバランスを意識してしまうな。笑
ただあまり細かく付けすぎると面倒になってくるので費目としては

支出入 奨学金や貯金の引き出し、どうしようもない出費(電気代等)
 本題全般
飲食費 買い物、飲み物、外食
交通交際費 交通費と交際費
AVレンタルデジタル パソコン関係、DVDレンタルなど
日用 洗濯代、掃除用品など、また項目にないものすべて

といった感じで適当に分類している。
あまり細かく付けるとぶっちゃけ続かないのでおおざっぱで続けてみる。

【Java】パラメータを渡す

JSPサーブレットの連携が出来ることは分かりました。
これを利用して、HTML上のフォームなどを入れたJSPサーブレットの連携によって
そのパラメータを取得できます。

hogeプロジェクト→Java Resources:src→hoge右クリック→ParamServletの新規作成
hogeプロジェクト→Web Content右クリック→ParamJSP.jspの新規作成


それぞれ次のように書きます。

JSP
<body>
<h2>パラメータを引き渡す</h2>
<form action="/hoge/ParamServlet">
<input type="TEXT" width="180" name="text"></input>
<input type="submit"></input>
</form>
</body>


formというHTMLの構文はよく使うものです。
たとえばテキスト、テキストエリア、ラジオボタン、チェックボックスなどがあります。
そのACTIONという属性にサーブレットへのリンクを設定します。
これによってサーブレットを呼び出します。

サーブレット
protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
// TODO Auto-generated method stub
String msg = request.getParameter("text");
response.setContentType("text/plain; charset=Windows-31J");
response.getWriter().println("text: " + msg);
}


今までrequest、つまりブラウザ→プログラムという方向は利用していませんでした。
パラメータを引き渡すような処理ではこの部分を利用します。
requestからJSPのフォームのうち、nameという属性で指定した名前を用いることで
パラメータの取得を行うことが出来ます。

request.getParameter(名前)


これを実行すると次のようになります。

j2ee_07_01.jpg

入力すると

j2ee_07_02.jpg

渡される。

このようにJSPサーブレットという方向でパラメータを渡せるようになりました。
ただし日本語を入れると文字化けするので

request.setCharacterEncoding("Windows-31J");


という設定が必要です。
※実際にはこれだけでは文字化けするかもしれません
※設定で直るはずなのですが、少し再現出来なくて対策なし

残り少ない9月を充実させたい?

もう少しで10月、つまり後期が始まるところ。
最近は特にやることもなくなってきたので、家にいることが多いです。
ただせっかく残り一週間あるので、やはり読書でもしておとなしくしてようと思います。

・オペレーティングシステム オーム社
・ALL IN ONE
・情報理論 コロナ社
・アルゴリズム理論入門


などなど。

こういうとき、ベッドの上で適当に呼んでいるときと
外出してコーヒーでも飲みながら呼んでいるときと
またまた机に向かって真剣に呼んでいるときと
様々な読み方をしているわけですが

まぁもうすぐで学校なので気楽に読みましょう。
というわけでベッドの上で読書です。

【Java】JSPからサーブレットを呼び出す

JSPはHTMLの中にいろいろとコードを埋め込むのに対して
サーブレットは普通のJavaプログラムの形です。
よってJSP側にはHTMLで用いているような物、たとえばリンクなどが使えます。
これを利用してJSP側からサーブレットを呼び出すことが可能です。

ところで今まで作ってみたサーブレットJSP

http://localhost:8080/hoge/HelloServlet
http://localhost:8080/HelloJSP.jsp


といった形で呼び出すことが出来ました。
これを参考にしてJSPからサーブレットを呼び出してみましょう。

hogeプロジェクト→Java Resources:src→hoge右クリック→JumpServletの新規作成
hogeプロジェクト→Web Content右クリック→JumpJSP.jspの新規作成


として新しいJSPとサーブレットを作成し、次のように書きます。

JSP
<body>

<a href="<%=request.getContextPath()%>/JumpServlet">Go To Servlet</a>

</body>


サーブレット
protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
// TODO Auto-generated method stub
response.setContentType("text/plain; charset=Windows-31J");
response.getOutputStream().println("Jump From JSP.");
}


さて、実行はJSP側から行います。
Web Content→JumpJSP.jsp右クリック→Run As→Run on Serverです。
すると次のようになります。

j2ee_06_01.jpg

このようなリンクをクリックすると

j2ee_06_02.jpg

サーブレット側へ飛べます。
このようにHTMLやCSSが使いやすいJSP側と、処理を行いやすいサーブレット側を
うまく連携させて処理を行うということがよく行われます。
DBと合わせてJSP・サーブレット・DBの3つからなるシステムを作ることが多いです。



ここでアプリケーションへのパスを取得するためにrequestという暗黙オブジェクトを使ってます
これはoutなどと同じくJSPにてはじめから使える物です。
ここからgetContextPathというメソッドによってhttp://localhost:8080/hoge/の部分を取り出せます。

理想の学習環境を作りたい

普段からいろいろと試行錯誤はしてるのだけれども、如何せん家具と資金不足がでかいな。
それはさておき、意外と机周りにはこだわっているところ。
若干散らかっているけれども、とりあえず写メをうpしよう。

000.jpg

まず正面に電気スタンドが欠かせない。
これがないと純粋に目が悪くなるだけではなく
手元が暗いと人間は集中しづらいという特性があるので、それにもあやかって。
また手元を明るく、周りは若干薄暗くというのが最適。
部屋の電気は豆電球モードがあるのでそれを使うが、少しくらい。
本当はここで間接照明を使うぐらいのリッチさはあってもいいかもしれない。


次に右前に積み本。これは個人的に置く場所がここしかないからというわけでもなく
左にモニタがあるから仕方なくというわけではなく右利きなので取りやすいようにと考えて。
※とかいいつつ、本当は左にあったほうが取りやすいかもしれない

積み本の内容は日々刻々と変わっていて今は

・基礎 英作文問題精講
・Sherlock Holmes and the mystery of boscombe pool
・オペレーティングシステム
・ALL IN ONE
・Rubyでつくる人工無能


などが置いてある。
ただここは一週間以上同じ配置であることはまずない。
ただ決してスタックということではなく、普通に置いてあるだけ。
出来ればこの本をたてる道具がほしい。
その他アロマライトや本を開いたままにする装置、iPod touchなどがこの辺にある。
要するにすぐに使いやすいところ。


正面には時計。
時計は特にこだわってないけれども置いてある。
むしろなくてもいいのではないか。笑
マメなことに、この時計は標準時より5分ほど進んでいる。


左側にはモニタ。
机に対して左側のように見えても、実はこの部分が机の中心だったりする。
なぜかというと右側の足下には専門書をたてるマガジンラックが置いてあるため。
よって椅子の中心はたいていモニタの前にある。
またこのモニタの位置は、対面にあるベッドから見やすい位置にある。
ただし勉強には基本的に邪魔なモノ。



などなど、いろんなものが机の上に乗っているのだけれども
何かをはじめるときはとりあえずデフォルトの何も載っていない状態を作る
※気分一新という感じ?

実はその他必要なモノは左にあるシルバーラック、右にある文章入れ、レターラック的なモノ
そしてその上にのっている簡易本棚に乗っているので、机の上にはなにもなくても問題ない。
また机の下の引き出しには、キーボードを入れる分のスペースと筆箱の他に
手帳、iPod、京都の観光ブック、学校から借りている本などが入っていたりする。
※一次バッファ的な使い方か

いらないものは右のレターラックに全部入れるか
ベッド下の収納ボックスに一時的に移動。
必要かもしれない書類はScanSnapで取り込んでから収納。
※とにかく机の周りがごちゃごちゃしてるのが嫌いなだけ



自分の部屋の話だけど、どうしても上の方があいている。
上のあいている空間をうまく使う方法はないのだろうか。

Sherlock Holmesの続きを読む

以前、Sherlock Holmesの英語本、5冊セットを買ったという話をしました。
その中身なんですが

Level2. Three Short Stories of Sherlock Holmes
Level3. Sherlock Holmes and the Mystery of Boscombe Pool
Level3. Three Adventures of Sherlock Holmes
Level3. The Return of Sherlock Holmes
Level4. A Scandal in Bohemia


の5冊です。LevelはPenguin Readersのレベルで

Level2 600 headwords
Level3 1200 headwords
Level4 1700 headwords

というレベルですね。

ちょうどLevel2の本、Three Short Stories of Sherlock Holmesを読み終わり
Level3の一冊目、Sherlock Holmes and the Mystery of Boscombe Poolに移ったところです。

Level2.
Three Short Stories of Sherlock Holmes CD Pack (Book &  CD) (Penguin Readers Simplified Texts)Three Short Stories of Sherlock Holmes CD Pack (Book & CD) (Penguin Readers Simplified Texts)
(2008/03/04)
Sir Arthur Conan Doyle

商品詳細を見る


Level3.
Sherlock Holmes and the Mystery of Boscombe Pool CD Pack (Book &  CD) (Penguin Readers Simplified Texts)Sherlock Holmes and the Mystery of Boscombe Pool CD Pack (Book & CD) (Penguin Readers Simplified Texts)
(2008/03/13)
Sir Arthur Conan Doyle

商品詳細を見る


レベル3の本は、今まで読んだPaperbackの中でも一番高いレベル。
今まで最も難しかったのはレベル2のAlice in wonderlandだったので一段上へ。
まだ最初の部分しか読んでいないのだけれども、全体的にレベルが上がった感じ。
ただ単語はそこまで難しくないし、読めないということはない。

ただLevel2の短編は3つで9200語程度だったのに
Level3に入ると1つの長編で9000語以上になる。
難しいなーというよりも長いなーという感じ。
ここまで長い英文を読む機会というのは日本の英語教育課程ではおそらくない。
ちなみにLevel4の本は15000語で、一番長いLevel3の本は20000語程度。
なぜかわくわくするね。

そういえばAlice in wonderlandは途中までしか読んでなかった気がする。
Alice in wonderlandは36ページ程度、今読んでるのと同じなので結構長いのかな。
機会があったらもう一度読もう。英語の本は結構おもしろいよ。



というわけで今日はミスタードーナツで読書していました。
調子にのってブラックコーヒーを3杯も飲んだんだよ。お店の人が入れに来てくれたからさ。
そのときたまたま見かけたSherlock Holmesの台詞を引用して終わる。


I must believe nothing until I have studied all the facts.


自分で確認しないとダメだよ!

Cases which seem very easy like this one are often the hardest.


一見簡単そうに見えるものがそうとは限らない。

SW後の過ごし方

SWも無事消化し、残すところ9月も1週間になりました。
もうすぐ今年一年の4分の3を消化すると言うことか・・・はやいモノだな。
さて、SW後、サガフロンティア2を初めました。

saga2_02.jpg

ギュスターヴかっこいいよギュスターヴ。
それにしてもこのゲームもやるの久しぶりだな。
たぶん2年ぶりぐらいにする気がする。
あんまり何度もプレイするのは好きじゃないけれども、このゲームは3回ぐらい全クリしてる気がする。

saga2_02.jpg

もう少しギュスターヴ編が長いといいんだけれどもね。
ジニーの最後が1306年で、ギュスの最後は1250年代だったかなー。
今はウィル編してるんだよ。
ギュス編を調子にのってやり過ぎたので、ハンノヴァまで来てしまったからバランスを取らないと。
それにしてもコーデリアのひらめきは神レベルだ。



はてさて、こんなことばかりしてるわけでもないです。
普通に読書してます。


  • 情報理論の本
  • ALL IN ONE 英語の本
  • Javaの本


などなど。
あぁ、家だとあれなのでどこかで読もうかしら。
こういうときはどこがいいかなーと時々悩むんだ。
とはいっても、全然家でも勉強するタイプなんですけどね。

iPod Touchの有料アプリ「CalenGoo」の話

CalenGooは標準のカレンダーの機能を大幅に補ったアプリ。
買ったときの値段は800円
※ただしアプリの値段は突然変わったりセールしたり変動するので注意。
具体的にうれしいのは

1.Googla Calendarとの同期がある程度速い
2.表示がかっこよくなる(一週間一覧表示などがある。)
3.色など細かく設定可能
4.地味に新しい予定の追加が標準アプリよりやりやすい

このような点がいい。
欠点としてはメニューが英語であることがある。
また本体を横にしても何も変わらない縦基準のアプリ。

gc0.jpg

デフォルトの画面。
少し見やすいか?という感じ。
今はとりあえずデモとしてアニメの番組表が入っています。

gc1.jpg

一週間一覧表示。地味に便利。


gc2.jpg

月表示。


gc3.jpg

リスト表示。意外とこの表示は便利。

gc4.jpg


設定画面。いろいろ項目があるけど英語。



基本的に同期中は動作がとても思い。
だけど同期自体はそんなに時間がかかるわけでもない。
AutoSyncを外せばもっと高速に動きそう。


表示するカレンダーはSettingで設定できる。
Settingではダウンロードするしない、表示するしないを選べる。
いらないカレンダーはダウンロードしない&表示しないにするといい。
微妙なポジションのカレンダーはダウンロードする&表示しないにしておけばいい。
その他日本の祝日などはダウンロードしない&表示するにしとけばいいのかな?


また予定追加はタッチで出来るのだが、ちゃんとそのタッチした時間に予定が入る。
標準アプリでこれは出来たかな?ちょっと分からない。
また初期の予定時間を決められる。初期設定では1時間になっている。
もう少し使ってみよう。いろいろと設定をいじりたい。

iPod Touchで有料アプリを初めて買った。

まずはじめにGoodReader。115円。
つぎにCalenGoo。800円。

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。