1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ドイツ語 P3
  4. Parabola Journal » 
  5. ドイツ語 P3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ドイツ語 P3

1.ドイツ人たちは、彼らの最大の河川を「父なるライン」と呼んでいる

2.ドイツ人たちは、この流れに対して大変深い関わりを持っています

3.たくさんおおとぎ話と伝説がライン川にまとわりついている
(ライン川にまつわるおとぎ話や伝説がたくさんある)

4.それは3000万人の飲料水となっている

5.世界でもっとも交通量の多い大型船航路です

6.ライン川は1320kmの長さです

7.ライン川は6つの国家を通ります

8.ライン川には様々な区間がある。水源はスイスアルプスに発している

9.アルプスラインはリヒテンシュタインとオーストリアの間を流れています。

10.それはドイツ最大の湖であるボーデン湖を通って流れていきます

11.コーチラインはスイスを西に向かって流れています

12.とても印象的なのはシャッフハウゼンにあるライン川の滝です

13.バーゼルのところの山峡分岐で川は北の方に曲がっています。

14.オーバーラインはフランスのアルザスとの国境です

15.マインツでマイン川がライン川に合流します

16.ストラスブルグ、シュバイナー、ボルヌス、マインツはとても華麗な協会を持っています。

17.マインツ大聖堂とともにマインツカーニバルも有名です

18.ボルヌスは、ドイツの最も古い都市の一つです

19.宗教改革者ルターが帝国議会を前にして自分の説を撤回するように求められました。

20.ここはまた、ドラゴン退治をしたジークフリートについてのニーベルンゲン伝説の舞台です

21.マンハイムとルードヴィッヒスハーベンは近代的な内陸港です

22.ジョーブラインの岸辺には魅力的な地域があります。しかし核施設や原子力施設もあります。

23.ユーデスハイムはおそらく世界で最も有名なワインの名産地です

24.マイン川が流入した後、ライン川は西へ向かいます。そしてビンゲンで再び北へ向かいます。

25.川の真ん中にネズミの塔(モイゼトゥルム)が建っています

26.船はかつて、ここで通行料を支払わなければなりませんでした

27.ここから門まで、この川は中部ラインと呼ばれる

28.この区間を人々は好んで、ロマンティックラインと呼びます

29.谷はここでは、たいへん狭くなっています。

30.船によってはこの区間は、かつては危なかった。

32.急な岸辺にはライン畑と由緒ある山城と絵のような岩山が見えます。

33.それらの岩の一つは、有名なローレライの岩です。

34.伝説が物語るのは、その岩の上で美しいローレライが金髪をとかしている。ということです

35.コブレンツではモーゼル川がライン川に注ぎます

36.さらにライン川はボンのそばを通り過ぎます

37.ボンはかつてのドイツ連邦の首都です。そしてベートーベンの生まれた町です。

39.低地ラインにはケルンがあります。ケルン大聖堂はヨーロッパの最も大きな大聖堂の一つです。

40.ここからの川沿いの都市と平坦な風景は特に工業によって特色づけられる

41.70年代には、ライン川は工業廃水によって大変汚染されていました。

42.環境保護に対するより厳しい規制があるために、よくなりました。

43.河口の三角州はすでにオランダ領です。

44.川は何本もの支流に枝分かれして、そして最終的に北海に流れています。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://parabola0.blog86.fc2.com/tb.php/166-2ba53336 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。