1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 法学基礎論 第二回
  4. 大学関係 » 
  5. 法学基礎論 » 
  6. 法学基礎論 第二回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

法学基礎論 第二回

法学基礎論 第二回(4/20)

法学界
 ほとんど自然法を考えない
 実定法が法のほとんどである
 法実証主義
 
確信犯
 自然法への信仰を持つ
 
法実証主義への反発
 制定法だけが法か
 人々が従っている規範は制定法だけではない
 E.Ehrlich(1862-1922):生ける法
 自由法運動・・・リアルに見る
 概念法学・・・論理、規範に縛られたもの
 法社会学
 これらはいずれも自然法論につながる運動
 →制定法以外のものも考えようとする
 
道徳、規範、習俗、ルール、法はどのように違うか

法と道徳の違い
 1.強制の有無
  法は物理的強制・強制執行がある
  道徳は心理的強制のみ
 2.動機の有無
  法に従うのは罰せられたくないため
  道徳に従うのは自発的
 カント

法は倫理の最小限である

自然犯と行政犯
 自然犯 それ自体がすでに違法と考えられている
 行政犯 法規範の制定により犯罪になる
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://parabola0.blog86.fc2.com/tb.php/340-cb7d90e7 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。