1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 法学基礎論 第六回
  4. 大学関係 » 
  5. 法学基礎論 » 
  6. 法学基礎論 第六回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

法学基礎論 第六回

法学基礎論 第六回(09/05/25)

前回の話
 ArchaicLaw
 嘘をつく→呪い

第1章第2節
3.贈与
 互酬→二つの義務
  互いに、相互的なもの 資料6.反対給付
  贈り物→返す義務
     借金のようなもの
     それ以降、送り主と友好関係を保たなければならない
     もらう者は自由ではなく、贈り物が縛る animism

 友好関係=平和関係
  平和関係の義務
  →古代に盛んにみられた考え、現在にも一部残る 

 贈与論(Mモース:1872-1948@1925)
  贈与~物だけではなく、礼儀・宴会・女性・軍事なども関わる
  返礼しなければならない@集団同士の贈与)行為にも魂がある
  pololatch 行為によって贈与を行う

 古代における贈与慣行
  古代遺跡の王様の墓の金銀財宝 最後1060年代
  副葬品のお供えの習慣 ※彼岸と此岸の連続性・・・共通の考え方
  棺桶裁判
  キリスト教:霊物二元論・・・この世とあの世は原則として離れている
  お供えのお金→教会、キリスト教の盛行と11世紀はオーバーラップ

4.補論:現代に関わる話
 現代ヨーロッパ
  キリスト教の拡大で習慣は消えていく 
  互酬性贈与なし?→多少は生きている
  残っている物は概ねArchaicな慣習
  ※メモ※keyword:和辻照、阿部次郎、阿部△也 aus liebe
  贈与の種類:有償的、無償的
 贈賄:どこでもある・・・見返りを要求する互酬的譲与の一つ

 菊と刀:Rベネディクト・・・公平に書かれている 罪の文化、恥の文化
  ヨーロッパ:内面的な罪の意識←→日本:外部のことを考える(恥)
  無償的贈与(ヨーロッパ)←→有償的贈与(日本)
  人に笑われる→強制力→行動
 世間に対する義理=契約関係の履行・・・恩返し
  恩=債務関係か
  ←批判-恩とは封建的なものから生まれた
  贈与:愛情や道徳に基づかなくてもいい?(法律上)
     贈与をするものがお返しを期待しても返さなくていい(法律上)
  無償贈与とはどうやって生まれたのか?←キリスト教
 恩や義理は残っているか?→一定の年齢以上の人だけ?

 恥の文化
  遅れていると考えるのが普通。
  近代的:一直線に人のことを気にせず行け!
  N.エリアス「文明化の過程」:羞恥心→他者を意識して欲望を抑制する、自己抑制
  ※メモ※フーコー:監獄の日本? 見られている意識 見えざる視線を意識する
           現代人:無意識に権力に組み込まれている
  自己責任:自律
  危害原理との関わり
  秩序とはどのようにして守るべきか?
 
 ベネディクト→恩返しする義務を強制する要素:恩に着る、怒る @ぼっちゃん
 考えておく@義理、恩、贈与・・・

第3節 違法行為と刑罰
1.秩序回復 Heil ←→ Unheil
 違法状態を除去してもとの状態に戻す
 災いは神の怒り→秩序回復(秩序=平和)
   人が死ぬ→秩序の乱れ→平和回復(そのための贖罪金、損害賠償とは違う)
   人個人の責任は問わない
 故意、過失、犯人が誰か?→問わない@現代法  刑法などでは故意を罰することが原則
   無過失責任の法理:製造物責任       過失は例外 民法は関係ない
   →結果に対する原状回復が優先       未必殺意

2.贖罪
 秩序回復
  =お金
 フェーデ、贖罪金 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://parabola0.blog86.fc2.com/tb.php/344-ce58c87f この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。