1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 社会心理学 第四回
  4. 大学関係 » 
  5. 社会心理学 » 
  6. 社会心理学 第四回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

社会心理学 第四回

社会心理学 第四回(5/13)

前回からのイントロ
1.イデオロギー批判の欠点
 ○○には△△が潜んでいる→という言葉も何かの価値観に汚染
2.脱構築批判の欠点
 その批判を語る言葉自体に意味がないのでは?
3.素朴な疑問に答えられないのか
 世の中には明らかに「一般的」と思える言葉がある

(1)写し絵メタファからゲームメタファへ
ヴィトゲンシュタインの主張
 言語ゲーム→言葉とそれが入っている活動を組とする
 言葉の意味は使われ方による
 生活様式:物理的/文化的・・・これらは不可分
新しい言語感
 言葉は現実の写し絵ではなく、現実そのものの構成要素で
 物事を遂行する行為が言葉である
オースティン
 言語行為説・・・発話とは何かを遂行する行為である
 
(2)批判を見直す
 事実を語ること=特定の言語ゲーム
 ある生活様式の中では、事実というものが役に立つが普遍的なものではない
 ある生活様式の中で、活動を調整するものが事実である
 事実や生活な記述というのは、ある生活様式と関係して存在する
1.イデオロギー批判の見直し
 従来:隠されたイデオロギーの詮索
   →どの生活様式がより支持されるか、抑圧されるかの吟味
2.脱構築批判の見直し
 従来:批判の言葉自体に意味がない、テキストの牢獄
   →テキストとは行為としてのテキストである。
    その言葉がある生活様式でどのような位置づけかを考えよう
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://parabola0.blog86.fc2.com/tb.php/361-78585310 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。