1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 社会心理学 第七回
  4. 大学関係 » 
  5. 社会心理学 » 
  6. 社会心理学 第七回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

社会心理学 第七回

社会心理学 第七回(6/3)

エスノメソドロジ-
 人々が秩序や理解の意識をいかにして作り出しているのか?を考える
 
 発話のインデックス性と相互反映性

 例 自殺
  これは文脈抜きでは判断できない
  自分の意志かどうかはどうやって知るのか、自然死との違いは

発話のインデックス性(文脈依存性)
 過去の文脈、物証、遺留品という様々なインデックスを集めて
  それらを統合して判断する
 どのインデックスを利用するのか?
  自動的に決まっている・・・おきまりの根拠(Routine Ground)

相互反映性
 違背実験 自明の前提、おきまりの根拠を動揺させる実験
  おきまりの根拠はたいてい守られている
  ここに疑問がいかなければ大丈夫
 
  おきまりの根拠→インデックス→理解--┐
       ↑ この理解こそが強化する   |
       └-------------┘
  このように理解とおきまりの根拠が関わっていること

プロセスとしての対話
 この動きそのもの、そのプロセスが秩序や理解を構成している

存在論・倫理・自己
 共通理解 → 似た状況、似た言葉を用いるといい
 人:バフチン コミュニケーションの求心力
    コミュニケーション→繰り返し
    求心力→パターン確率
    反する文脈は明白→共通理解を外れてはいけない
    批判の基盤を作る

 社会 集合体の集まり 分裂もある
 会話 集合体としての意味・理解を構築するもの
 自己 ある集合体の中で存在、登場する
    言葉によって自己は成り立つ(対話だけではない)
    → Keyword 対話還元主義(対話only)

補足
 対話還元主義ではダメである理由
 1.非言語的要素
 2.物質的コンテクスト 状況の財物によって同じ言葉も意味が変わる
 3.コミュニケーションメディア 同じ言葉もメディアで意味が変わる
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://parabola0.blog86.fc2.com/tb.php/364-18b08f00 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。