1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. Henry V 第十三回
  4. 大学関係 » 
  5. Henry V » 
  6. Henry V 第十三回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Henry V 第十三回

<前回までの話>
 フランス皇太子からの使節の話に耳を傾けるヘンリー五世。
 フランス皇太子の挑発に対して、毅然たる態度で対応し、王の貫禄を見せる


<続き>
 まだ生まれていないものにも、皇太子の嘲笑への呪いを持つように
 なるものだっているだろう。

 しかしこのことはすべて神の御心の元であり
 神の名において私は挑戦に応じようではないか。
 皇太子へ伝えるがいい。
 私は神の名の下このことを復習し、神聖化された正義において
 フランスの王位へと手を伸ばすであろうと。
 
 だから平和のうちに帰るがいい。
 彼の嘲笑はあろかな冗談であって笑うものもいないで
 ただ何千という人が嘆き悲しむだけである
 彼らを安全につれて帰るようお供しなさい。
 さらばだ。

<使節、付き人、出て行く>

エクセター
 ふざけた使節である

ヘンリー五世
 このことで、せいぜいDauphinが赤面することを願おうではないか。

 さて、渡したたちはこのよい機会を逃すことなく遠征の準備を始めることができる。
 今私の頭の中にはフランスのことしかない。
 もっともこの大事業を導くであろう神の御心を除いてだが。
 さてフランスへ兵隊がすぐに集められるよう、軍隊を召集するのだ。
 そして我がわれわれの翼へ羽をつけるすべてのものは準備されるべきだ
 (われわれの軍隊をより強くするものは何でもすばやく提供するのだの意味。たぶん)

 神の導きにより
 われわれはあの皇太子を父親の面前で叱り飛ばすことができるだろう。
 さぁ、いまや個々人が十分に戦争に備えるように。
 そして、この王位請求の戦いが始まりますように。

<ACT I SCENE II END>
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://parabola0.blog86.fc2.com/tb.php/367-359daa9a この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。