1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 【Java】サーブレット/JSPを書く勉強をするための環境について知っていること(二回目)
  4. プログラミング全般 » 
  5. Java » 
  6. 【Java】サーブレット/JSPを書く勉強をするための環境について知っていること(二回目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

【Java】サーブレット/JSPを書く勉強をするための環境について知っていること(二回目)

さて、前回の記事で環境をダウンロードして、解凍するまできました。
今回はこれを使って開発のテストを行っていきます。

1.まずはじめに
まずはじめにEclipseを立ち上げる。
(次のようなスプラッシュウィンドウが出る。表示はEclipseのバージョンによって異なる)
j2ee_02_01.jpg

初回起動時、次のようにどこにファイルなどを保存するかの指定が出来る。
これをWorkspaceといいます。前回作ったフォルダjavasrcを指定する。
また左下のチェックボックスにチェックを付けておくと、この場所で固定されます。
二回目以降も聞かれるのは多少面倒なので、とりあえず固定しておくといいです。
j2ee_02_02.jpg

さて、次のような画面が初期画面です。昔と比べて少し変わりましたね。
この画面に来たら、とりあえず右上の矢印を選んでください。Workbenchへ飛びます。
ワークベンチというのは、いわゆるプログラムを開発する画面のことです。
j2ee_02_03.jpg

そして次のようになります。ここまで来ると最初の段階が終わりです。
j2ee_02_04.jpg


2.Tomcatの設定をする
次にEclipseからTomcatをうまく利用するために設定する。
まずFile→New→Otherと進む。
j2ee_02_05.jpg

するとダイアログが出てくるので、この中のServerを選んでNextへ。
j2ee_02_06.jpg

Next後、Serverの種類としてApacheからTomcatのv5.5を選びNextです。
j2ee_02_07.jpg

基本的に設定はデフォルトでいいのですが、Installed Directoryとして
Apache Tomcat v5.5をダウンロードして解凍した場所を指定しておく。
j2ee_02_08.jpg

こうすることで下のView内のServerに今のServerが出てきます。
出てきていない場合はWindows→Show Vier→Serverを選んで出しておきます。
j2ee_02_13.jpg

ここからサーバを右クリックし、Startを選択します。
初回起動時、次のようにFirewallに引っかかるというメッセージが出るので、ブロックを解除します。
j2ee_02_14.jpg

ブロックを解除した後、再び右クリック→Restartとします。
その後ブラウザにてhttp://localhost:8080/にアクセスすると次のような画面が出ます。
(もしかしたら真っ白ページかもしれません)
いずれにしてもTomcatが起動していることが分かります。
j2ee_02_15.jpg

以上で基本設定を終わります。
SqliteやJDBCドライバはすぐには利用しないのでとりあえず保留です。
次回は実際にサーブレットとJSPを書きます。



category of Java:
【Java】サーブレット/JSPを書く勉強をするための環境について知っていること(一回目)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://parabola0.blog86.fc2.com/tb.php/514-892b311e この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。