1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 【日記】先月読んだ本をまとめた。
  4. Parabola Journal » 
  5. 【日記】先月読んだ本をまとめた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

【日記】先月読んだ本をまとめた。

あ、読書メーターの機能なんですけどね。
今月はあまり余裕ないですねー、もう少し読めるといいんですが。
というか!
月曜午後に熱を出して以来、体調が微妙に戻ってない!!
いやーん。
特に消化系が…うっ…
リストに2回出てくるのはきっと再読した本扱いだと思う。




5月の読書メーター
読んだ本の数:40冊
読んだページ数:11213ページ

ゼロの使い魔〈4〉誓約の水精霊 (MF文庫J)ゼロの使い魔〈4〉誓約の水精霊 (MF文庫J)
ルイズルイズルイズ。
読了日:05月30日 著者:ヤマグチ ノボル
ゼロの使い魔〈3〉始祖の祈祷書 (MF文庫J)ゼロの使い魔〈3〉始祖の祈祷書 (MF文庫J)
意外と文書での表現もいいなあ。
読了日:05月30日 著者:ヤマグチ ノボル
ゼロの使い魔(2) 風のアルビオン (MF文庫J)ゼロの使い魔(2) 風のアルビオン (MF文庫J)
よみやすい。
読了日:05月29日 著者:ヤマグチ ノボル
ゼロの使い魔 (MF文庫J)ゼロの使い魔 (MF文庫J)
正直原作の方が面白かった。
読了日:05月29日 著者:ヤマグチ ノボル
学校の階段〈7〉 (ファミ通文庫)学校の階段〈7〉 (ファミ通文庫)
筋肉をバカにするな
読了日:05月29日 著者:櫂末 高彰
蒲団 (お風呂で読む文庫 51)蒲団 (お風呂で読む文庫 51)
読了日:05月25日 著者:田山 花袋
初めてのC# 第2版初めてのC# 第2版
読了日:05月24日 著者:Jesse Liberty,Brian MacDonald
人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))
読了日:05月23日 著者:太宰 治
緋弾のアリア (MF文庫J)緋弾のアリア (MF文庫J)
読了日:05月18日 著者:赤松 中学
緋弾のアリアIV 堕ちた緋弾(スカーレット)(MF文庫J)緋弾のアリアIV 堕ちた緋弾(スカーレット)(MF文庫J)
なんて教授がモリアーティじゃないの?ってみんな思ったと思うの。それにしても主人公だけ弱くね?
読了日:05月16日 著者:赤松 中学
緋弾のアリアIII 蜂蜜色の罠(ハニー・トラップ)緋弾のアリアIII 蜂蜜色の罠(ハニー・トラップ)
やっぱり理子はかわいいなぁかわいいなぁ。どんどん過去の人が絡んできて、まあ広く方向を広げてるというかなんというか。風呂敷広げすぎか?まああれだけど、だんだん主人公も主人公らしくなり、兄も登場して。やっと盛り上ってきた感じ。理子はかわいいなあ。
読了日:05月15日 著者:赤松 中学
学校の階段6 (ファミ通文庫)学校の階段6 (ファミ通文庫)
久し振りに自己葛藤する神庭くんが主役に。うん、まあそろそろ自己葛藤も飽きたけれども、いろいろなことを乗り越えて主人公も前を向きましたな。これから楽しみ。
読了日:05月15日 著者:櫂末 高彰
緋弾のアリア〈2〉燃える銀氷(ダイヤモンドダスト) (MF文庫J)緋弾のアリア〈2〉燃える銀氷(ダイヤモンドダスト) (MF文庫J)
展開が凄くはやい。まあそういう文体なので気にならないと言えば気にならないのかも。戦う巫女の時代か。それにしてもいろんな過去の人を引っ張ってくるなあ。
読了日:05月14日 著者:赤松 中学
緋弾のアリア (MF文庫J)緋弾のアリア (MF文庫J)
文章はいかにも著者の書いた文という感じで、よくも悪くもラノベ。キャラクターは結構テンプレ。でもかわいいからいいよ。
読了日:05月13日 著者:赤松 中学
学校の階段4 (ファミ通文庫)学校の階段4 (ファミ通文庫)
それにしても階段部という得体のしれない部なので、部員たちがみな個人的な葛藤を抱えているようだが、結構長い。あんまり成長してない?
読了日:05月13日 著者:櫂末 高彰
神様のメモ帳〈3〉 (電撃文庫)神様のメモ帳〈3〉 (電撃文庫)
舞台を学校に戻して、また1巻とリンクしての話。彩夏が戻ってきました。ガチバトルはそんなに楽しくなかったけど、アリスがとてもかわいらしい。また彩夏もとてもかわいらしい。また二人の関係を作っていけばいいじゃない。
読了日:05月12日 著者:杉井 光
神様のメモ帳〈2〉 (電撃文庫)神様のメモ帳〈2〉 (電撃文庫)
主人公のヘタレっぷりがある意味リアルで素晴しい。ニート探偵も少しだけ外に出てきて、いろいろと皆葛藤しながらも頑張る。展開は少し強引かな?けれども良書。
読了日:05月12日 著者:杉井 光
さよならピアノソナタ (電撃文庫)さよならピアノソナタ (電撃文庫)
ヒロインの導入が我が儘過ぎではないかい。音楽の話は、詳しくないのでよく分からないけど、ヒロインが凄いのは伝わった。著者の本は好きだけども、これはこれで綺麗に終わったから、どうだろう。
読了日:05月12日 著者:杉井 光
学校の階段3 (ファミ通文庫)学校の階段3 (ファミ通文庫)
読了日:05月11日 著者:櫂末 高彰
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
タイムループねた。一回一回のループが結構あっさりしている。回数が多いからかな?霞ちゃんが出てくるなら続き買いますよ。舞台も高校生なので、設定は少し微妙かなぁ、悪いところが目立つとまでは言わないけども。
読了日:05月10日 著者:御影 瑛路
学校の階段2 (ファミ通文庫)学校の階段2 (ファミ通文庫)
読了日:05月10日 著者:櫂末 高彰
神様のメモ帳 (電撃文庫)神様のメモ帳 (電撃文庫)
傑作だった。物語は凄く淡々と進んでるのに、意外にダークで、でも青くて。作者買いしたくなった。
読了日:05月08日 著者:杉井 光
学校の階段 (ファミ通文庫)学校の階段 (ファミ通文庫)
うん。悪くないよ、面白かったんだけどね…。最初の起の部分が少し苦手かな。いい感じにまとまったけど、続きあるのか
読了日:05月08日 著者:櫂末 高彰
その日彼は死なずにすむか? (ガガガ文庫)その日彼は死なずにすむか? (ガガガ文庫)
読了日:05月08日 著者:小木 君人
魔法少女を忘れない (集英社スーパーダッシュ文庫)魔法少女を忘れない (集英社スーパーダッシュ文庫)
つまらん。秋までならともかく、引きが最悪。…あれ?
読了日:05月08日 著者:しなな 泰之
零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 (講談社ノベルス)零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 (講談社ノベルス)
伊織ちゃんかわいいよ伊織ちゃん。
読了日:05月08日 著者:西尾 維新
零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係 (講談社ノベルス)零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係 (講談社ノベルス)
読了日:05月06日 著者:西尾 維新
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
読了日:05月06日 著者:萬屋 直人
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
良書。決して最初から最後までいい所づくめじゃなく、一応ちょっと危険なこともあって面白い。まあ言うほどでもないが。二人の仲の微妙な距離感がよかった。まあ二人の呼び方が間抜けだとは思うが設定だからどうしようもない。
読了日:05月05日 著者:萬屋 直人
二四〇九階の彼女 (電撃文庫)二四〇九階の彼女 (電撃文庫)
世界観は好きなんけど、構成があんまり楽しくなかった。主人公は成長しないし。短編じゃなくて長編で読んでみたい
読了日:05月05日 著者:西村 悠
零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 (講談社ノベルス)零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 (講談社ノベルス)
微妙だったなぁ。人識と比べて呪い名さんたちが微妙すぎるんですが、この頃の人識はそんなに強いのか。
読了日:05月04日 著者:西尾 維新
零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係 (講談社ノベルス)零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係 (講談社ノベルス)
もっと戯言使い出てくるかと思ったら案外出てなかったけど、別視点から話見てる感じが好きだった。表紙とかいーちゃんかっこええ。
読了日:05月04日 著者:西尾 維新
計算理論の基礎 [原著第2版] 3.複雑さの理論計算理論の基礎 [原著第2版] 3.複雑さの理論
読了日:05月04日 著者:Michael Sipser
アストロノト!〈2〉 (MF文庫J)アストロノト!〈2〉 (MF文庫J)
読了日:05月04日 著者:赤松 中学
アストロノト! (MF文庫J)アストロノト! (MF文庫J)
読了日:05月04日 著者:赤松 中学
零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス)零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス)
人類最悪、久しぶり。本当にきつい話だった…。
読了日:05月04日 著者:西尾 維新
零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス)零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス)
良本だった。曲識、かっこいいじゃん。かなり綺麗な感じだった。
読了日:05月03日 著者:西尾 維新,竹
零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)
読了日:05月02日 著者:西尾 維新,take
零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)
他の零崎本と時系列が混ってて少し混乱したけど、ショッキングな本だった。なんか懐しい感じになった。
読了日:05月01日 著者:西尾 維新
夜が来るまで待って (ガガガ文庫)夜が来るまで待って (ガガガ文庫)
最近の本っぽくないような感じはするけど。作者買いしたけど少し期待外れ。いや面白い面白いけどね。
読了日:05月01日 著者:小木 君人

読書メーター
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://parabola0.blog86.fc2.com/tb.php/675-ac3cc55e この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。