1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. [まとめ][twitter]ノートの取り方の話。
  4. TwitterLog » 
  5. [まとめ][twitter]ノートの取り方の話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

[まとめ][twitter]ノートの取り方の話。

昼頃にTwitterで呟いたら意外と反応があったのでまとめ。
「ノート」の話。
ノートとか、メモ帳のネタは比較的食いつきがいいですね。
Twitter IDは伏せた。
あと自分の中では大学レベルでの話なので
これをそのまま小中高の話と捉えないで下さいまし。
あと同じ色は同じ人の発言になっているはず。
ちなみに事の発端は自分のこのツイートであります。

自分「板書は手で取るより写真使った方が再現出来ると思うけどね、後でちゃんと見直す人なら。書くって結構大変だから聞くことに逆に集中出来るかもね。まあそんなことしたら「ノートもまともに書けないゆとり世代」とか言われるんだろうが。」



別の手段でノート取るよっ、派
A「ノートはPCでとります。字は下見ないと書けないけどPCならブラインドタッチできるので。」
自分「文系の科目なら、自分もそうしていた。数式も出来なくもないけど…。まあ数式は書いた方が意味が分かるタイプなので。PCで取ると後で使い回ししやすくて助かると思う。」

というわけで自分もしていましたが、文系の科目なら別に紙にかかなくてもPCでいいのではないか?という話。自分もそう思う。書くの大変だしね。ここで自分の主張を少しのせて置きます。


自分の主張「そもそもカラフルに綺麗なノート作ったところで、誰がそれを見るんだよ、せいぜい友達だろう。無駄無駄。黒一色とまでは言わないでも、せいぜい2、3色でいいだろそんなの。だいいちノート作るのはともかく、後で使うんだろうな?せっかく綺麗なノート作るならコピーして食べるぐらいしろよ。」

ノート作って自己満なんてしてたら紙の無駄ですよ、という話。
せっかく綺麗にまとめたらどんどん活用しましょうよ。
それこそScanしたりカメラで撮ったりしてupしてもいいんだぜ。




素朴な疑問
B「講義でデジカメ使っちゃ駄目なんですか?」
自分「自分は使っていいと思ってますが、使ってる人は見たことないですけどね。教員の許可がいるかどうかは私は知らないですが…。実はこそーっとなら使ったことあります。」
C「私のところでは基本的に禁止です」
B「講義をPodcastで配信する大学、講義ではデジカメ禁止の大学では今後大きな差が広がりそうですね。」
自分「禁止されている理由は何でしょう」
C「謎です」
D「使い始めたら授業で寝るから&授業出てない人も授業受けれちゃうから」
E「著作権が発生しますから駄目です。教授は板書を全て書くのではなく重要なとこだけを書くスキルを見につけろと言います。」

私のTLではこのような感じでした。デジカメ、実際に使ってる人を見ることはないですが
じゃあ一人ぼっちで授業受けてる人が腕を骨折していたらどうしたらいいの?という私の素朴な疑問はどうでしょうか。マナー違反ですかね、一応授業はお金で買ってる感覚な人もいるはずなので、どこまでならいいのでしょう。

個人的な考えだけ書いておきます。
自分の主張1「使い始めて寝る人間を大学側がどうこう考える必要はないので、それがカメラの禁止に関する理由にはならないはずです」

大学は自分のためにお願いします。
大学生なら分かると思いますが、代返やらカンニングなんて普通にありますよ。
ただそれは学生が勝手にやってることなので、別に大学のこととは直接関係ないでしょうという主張です。

自分の主張2「授業出てない人も授業受けれるのに何が問題があるのか。MITのOCWなんて見れば授業の資料は公開されているし、下手すればVideoも公開されている。それでも学生が教室に集まるというところに大学の授業の本質があるのではないですか。ただし現役の学生である自分としては、お金を払っていない人に授業を公開することに関して何も感じないわけではない。」

大学の授業の本質は講義のレジュメとかビデオなんかにはありません。
そんなデータだけなら、そもそもインターネット上に転がっていることも多いですし。
まあ授業ってのはハーバード(ryみたいな某テレビ番組のようなものが理想なんですよ、たぶん。
現実そんな講義はほとんどありませんがね。

自分の主張3「著作権のことはよく知りません(キリッ」

指摘されてから考えたのですが、確かに教員の黒板の使い方は著作物に入るはずです。どうしましょうね。学生のためとして公開してもらえたら嬉しいのですが、全国の大学の教授の皆さん、公開して貰えませんか。板書は汚なくてもいいので。



PCとかカメラだけじゃなくて…の話

事の発端は私のこのツイートであります。
自分「噂では法学部とかの講義だとレコーダーで録らないとどうしようもない教授とかいるらしいな…。解決法としてはその人をクビにするのが一番だと思う。」
F「バイトの関係上知ってるんだが、今年生協は法学部生用にボイスレコーダーを仕入れて新入生用カタログにも載せ新入生センターで売った でも学生スタッフの中でも法学部生しかその必要性を説明できなかったから、ちっとも売れなかったという結果に終わった」
自分「ICレコーダーは知名度が低いガジェットなので、普段から利用してる人じゃないと上手く説明出来ないかもしれないですね。便利ですけどね、ICレコーダ大好き。惜しむべきは録るほどの授業がなかなかないこと。」
F「話を戻すとそもそもボイスレコーダーないと理解が出来ない講義ってどうなのよ 理解させる気があるとは思えない やはり@taki0313の言うように該当教員をお払い箱にするしかないのか?」
H「高校生の頃、世界史の授業をよく録音して(先生のOKあり)通学電車で聴いてたなぁ。あの先生の授業面白かった」
自分「いいですね、面白い授業は何度も聞きたいものです :)」

taki0313というのは私です。このツイートから分かる通り、どうも噂じゃないらしい。怖いですね、録音しないと理解出来ない授業があるようです。

自分の主張「授業まともに出来ないなら首でいいと思うよ」

いや、あまり意見はありません。研究所と言いたいところですが、この辺りは他の人の意見も聞いてみたい気もしますね。そもそも本当にそんな授業あるのか、というのがまだまだ噂の状態ですからね。本当にそういう講義をしているなら、まあ首にすべきだろ…質の高い講義というのは一つの商品みたいなものだと思うんだけどなぁ…
教員としても、録音までして、それが何度も何度も聞いてもらえたら幸せ…みたいなのは甘い考えですかねぇ。



マインドマップかわいいよマインドマップ
最後の方の話。いろいろと乱れてきて自分でも完全に拾ってない部分もあるかもしれない。話の流れとしては、講義でデジカメは使っていいのか?いけないのか?の話からの流れ。
自分「いいんじゃないですか(後略)」
G「あらかじめパワポを出力して配る先生もいますけどね。自分のノートは自分が感じたことを書き留めるのに使いたいですよね。」
自分「その使い方はいいですね。それが自作ノートの醍醐味でしょう。ただ書くだけならレジュメで十分ですしね。」
G「最近講義のノートはもっぱらマインドマップでとってます。講義内容も自分がそれをどう受け取ったかも自然に反映されるし、全体像がパッとわかって後で見た時にすぐ印象を思い出せます。にしても、講義内容が盛りだくさんの場合にはやっぱり書ききれないからレジュメ欲しいですね。」
B「(要約):今後大きな差が広がりそう」
G「みんながパシャパシャやったらそれはそれで講義の妨げかもしれないですけどね。講義の全体像がわかるものを配ってもらうのがいいですね。」
自分「確かに個人にやらせると邪魔でしょうから、大学側が開示してくれるのが一番でしょうかね。」
B「廉価でデジカメは購入出来るし、パワーポイントも気軽に作れる時代だから、もう手書きはやめて事前に資料を配る。また、後から講義を撮影した映像を配布するということをすれば良さそうですね。」

こういう話でした。マインドマップだけでなく、色々な取り方というのはあっていいと思いますね。例えばアウトライナーを使ってもいいし、コーネル式みたいなのにしてもいいし、ノートといってもいろいろですね。暖かい話でしたね、好きな方法でやろう。

自分の主張「ここら辺の難しいこと(例えば著作権とか、教員に許可を取るとか。)を全部学生がバラバラに負担してもいいことはないです。いっそのこと大学側が一言管理して、その商品(質の高い授業)の一部を公に還元していくような流れがもっと強くなってほしいものです。」

現在の日本でも、授業を公開するべくいろいろと取り組みしています。ですから、きっと近い将来、自分の好きなスタイルで自分の好きなことを学べる時代が来るのではないですかね。大学に行くもいい・ノートを友達に借りてもいい・大学から提供された十分な資料を元に独学してもいい・好きなように勉強していいよ。こういうことになれば、皆幸せ。(実働する人意外w)



いろいろと意見を下さった皆様、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://parabola0.blog86.fc2.com/tb.php/691-ffc9ec27 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。