1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. [書評]20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ(.@HAL_J)
  4. 書評 » 
  5. [書評]20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ(.@HAL_J)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

[書評]20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ(.@HAL_J)

Twitter id:@HAL_Jさんから頂いた本
「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ ー 20世紀の半分以下の時間と費用で学ぶ最新最短英語学習法」
を読みましたので、感想など書いてみようと思います。
巷には英語の本はたくさんあり、TOEICの本も山程出版されているとは思いますが
少しだけお付き合い下さい。


まずはじめに


この本はご本人がTwitter上にドラフトを流し
また様々な情報交換をしながら、その後ブログ(The Wisdom of Crowds)になり
勢いそのままに本になってしまった、というものです。

なお「まえがき」と「あとがき」はそれぞれご本人のサイトで公開されていますので
興味のある方は確認してみて下さい。
The Wisdom of Crowds – JP - まえがき『20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ』
The Wisdom of Crowds – JP - あとがき 私に足りなかったのは『英語力』と『動機』


20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ
(2010/09/15)
Hiroyuki Hal Shibata

商品詳細を見る



何を目標としているか+学習時間+モチベーション


本の帯にもあるのですが、この本の目的は以下の三点です。
・TOEIC試験で860点以上を取得してA Levelに到達する
・「読む」「聞く」という受身な英語だけではなく、自分から英語を発信すること、すなわち「話す」「書く」がちゃんとできるようになる
・Native English Speakerたちと英語で意思疎通できるようになる。

この目的を達するために、まず1500時間という学習時間の目安があります。
(参考:英語上達完全マップを10ヶ月やってみた)
・1日1時間であれば、約4年です。
・1日2時間であっても、約2年かかります。
・1日3時間勉強すれば、1年とちょっと、ぐらいでしょうか。

なんとなくこの本のことを知ってしまった人だけではなく
この本を自ら手に取った・取ろうとしているような人であっても
英語の勉強には苦労してる・してきた・しそうな状態だと思います。

さて、事情により英語を習得しなければならなくなったとします。
その時私達は本当に1500時間勉強が出来ますか?


上の問に即答出来るような人なら、地道に勉強を続けてそのうち英語を習得しそうです。
ただ、そういう人ならば、別に最新の英語学習法に頼らなくても、目的を達成出来るのではないでしょうか。
そのような凄い人ではなく、「英語漬けは少し辛いなぁ」とか「ちょっと自信はないけど…」とか、そんなあなたにも、この本はお勧め出来る本になっています。
iPhone、Kindle、Audio Book、Twitter、Lang-8、レアジョブ、PASORAMAといった最新の英語学習法が、そんな私たちを助けてくれるのですね。

皆が頑張っているから、自分も頑張れる


最新の英語学習法ですが、それはとても刺激的なものです。
普通英語の勉強と言えば、「CDを聞く」「本を読む・音読する」「単語帳を覚える」など、閉じ込もった作業といった感じがして、少し寂しいイメージがあります。
しかし最新の勉強法ではそんなことはありません。

せっかく学んだ表現を使ってLang-8に日記を投稿してみた。すぐにNative English Speakerの人が添削してくれた。自分も他の人が日本語を勉強するのを助けてあげよう。
英作文の練習がしたいから、英語用のTwitterアカウントで英作文をTweetしてみよう。せっかくだから、他にも英語アカウントで練習している人と励ましあいながらやってみる。
発音の練習をしているのだけど、いまいちどういう感じか分からない。Google音声検索で、本当に自分の英語が認識されるかどうか、試して遊んでみよう。

最新の機器(Kindle、iPhone...)や最新のシステム(Lang-8、Google音声検索...)が、私たちの学習をサポートしてくれるのです。
私も普段英語を勉強していますが、まだまだ苦労することも多いです。
そんなときは自分と同じ英語学習者たちの頑張りを確認すると、自分も頑張らないとなぁ、と刺激を受けます。
例えばTwitterであれば、著者がまとめた英語学習者のリストやハッシュタグなどがあります。
Twitter / @HAL_J/Twitter ESL
Twitter / Search - #gbenrei

こういった所には、本当に熱心に英語を勉強してる方がたくさんいます。
皆に負けないように、自分も勉強しないとダメだなぁと、日々思っています。

最後に


書籍にはこの他にも、英語を使ってこそ出来る貴重な経験談や
著者や、他の英語学習者たちからの熱いメッセージが盛り沢山になっています。
著者は本当に上手く熱い文章を書く方なので、そちらの方もお勧めです。

また、ブログから本の形態に落とされたこともあり、読みやすくなりました。
私はブログで読んだ記事が多いのですが、大分読み直しと校正の手が入ったこともあり
書籍版はなんとなく読みやすい内容になっていると感じます。
(もしかしたら私の小市民的な部分が本に対してそう感じさせてるのかもしれませんがw)


そんな私(普段:大学生)ですが、今年の3月ぐらいから英語の勉強を始めました。
まだブログも途中までしか完成していない頃だったように記憶しています…
Lang-8を始めたり、Twitterの英語アカウントを作ったり(@taki0313E)、オーディオブックを買ったり、洋書を乱読してみたり、つい先日のことですがkindleを買ってみたり…(参考:[日記]ひょんなことからKindle(wifi only)を注文して3G+wifiに変えてもらいカバーは先に届き本体も届いた。 | パラボラアンテナに立て掛けられた本)。

勉強が上手くいかなかったり、どうしても時間が取れなかったり
Lang-8でコメントがなかなか付かなくて悩んだり(笑)
そんな感じでふらふらしながらも、なんだかんだで今も英語の勉強は続いています。
20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決め、走り始めました。

1500時間なんて、もちろんまだまだ先のこと…
それでもいろんな人から刺激を受けながら、頑張ろう思います。

最後になりましたが、著者の@HAL_Jさんを始めとして
私にいつも刺激を与えてくれる方々、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします :)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://parabola0.blog86.fc2.com/tb.php/815-248c2180 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。