1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. [日記]kindle用に文庫を自炊してみた
  4. Parabola Journal » 
  5. [日記]kindle用に文庫を自炊してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

[日記]kindle用に文庫を自炊してみた

kindleが来てそろそろ一ヶ月が過ぎそう。
今のところ、Freeの本とか青空文庫とか、あとはkindle storeで買った本とかを読んでいた。
せっかくなのでそろそろ文庫本を自炊してみよう、ということでその記録。
手元にあった「夜は短し歩けよ乙女」を自炊(4章で分割出来て自炊しやすい、たぶん)

ちなみに…
文庫本の大きさは108mm x 148mmぐらい。
なので背の部分を切り落とすから100x148ぐらいでScanするのがいいのかも。
上下の余白を切り落とすなら縦はもう少し小さくする。
一応kindleには自動調整機能があるので、落とさなくても余白は消えるはず。




まずは本と器材を準備する


まず本を準備します。ついでにカッターも。
裁断器的なものがあれば楽ですが、カッターだけでもどうにか処理可能です。

kindle_jisui1.jpg

ついでにカッターも。あとカバーは当然邪魔なので取っておく。
裁断した後の本を保存しておきたいなら取っておくけど、捨てたいなら捨てる。
kindle_jisui2.jpg

分冊して背を落とす


本を開いて、背の方に向けてカッターを押す。
すると背中の部分がぺこぺこ切れて本を分冊出来る。
kindle_jisui3.jpg

本を分冊してまあまあ薄い感じになったらローラーカッターを使って背を落とす。
ローラーカッターぐらいなら普通の家にもありそう…(2000円ぐらい、たぶん)
kindle_jisui4.jpg

するとこんな感じにScanSnapに乗せられる形になる。
本が4章に分かれてるので4章に分けてScan.
kindle_jisui5.jpg

ScanSnap


ScanSnapに乗せてPDFにする。
ファインかスーパーファインぐらいにすればいい。
スーパーファインぐらいだと結構綺麗に見えるが、ファインだと少し粗いかも。


Kindleに入れて確認


あとはkindleを繋いでdocumentフォルダに入れるとHomeに表われる。
読む。こんな感じ。
kindle_jisui6.jpg


おまけ | PDFの余白調整について調べる


kindleでは余白の部分を自動で認識して省いてくれる機能がついている(はず)
これがどれぐらい効いているのか確認してみることにした。

普通文庫には上下に読みやすい用に余白が付いている。
上下の余白を合わせると1.5cmぐらい本が小さくなるので
それがどれくらい表示に反映されているのか調べる。

まずデフォルト(背を落としただけ)
kindle_jisui7.jpg

次に下の方の余白をギリギリまで切ったもの(-0.8cmぐらい)
kindle_jisui8.jpg

最後に上の余白もページ番号だけ残して切ったもの(-1.5cmぐらい)
kindle_jisui9.jpg

…意外と表示変わらない。
そういうわけなので、デフォルトの余白調整機能っぽいものだけで
とりあえず表示しやすいに用になっているようだ。

ちなみに「夜は短し歩けよ乙女」は320ページのPDFになって
容量は12MBぐらいだった。



きゃぷちゃ。
実際の余白はこのような感じになっている。

ymao_cap.gif
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://parabola0.blog86.fc2.com/tb.php/839-cf367433 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

訪問者

お引っこし。 http://parabola.sblog.jp/

プロフィール

parabola0

Author:parabola0
Twitter用ですが…。
プロフィール

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。